ターミネーター:新起動 ジェニシス

人気SFアクション「ターミネーター」シリーズ5作目

原題:Terminator Genisys
製作:アメリカ(2015年)
日本公開日:2015年7月10日
上映時間:126分
製作会社:Skydance Productions
配給:パラマウント・ピクチャーズ
製作費:1億5000万ドル
興行収入:4億4000万ドル

★【評価】
25% Rotten Tomatoes

★【あらすじ】
アーノルド・シュワルツェネッガー主演の人気SFアクション『ターミネーター』のシリーズ5作目。2003年の「ターミネーター3」以来12年ぶりにシュワルツェネッガーがシリーズに復帰し、T-800型ターミネーターを演じる。未来の人類反乱軍のリーダーであるジョン・コナーの母サラ・コナーを歴史から抹消するため、未来から殺戮マシーンのターミネーター「T-800」が送り込まれる。しかし、そこには老いた姿の同型ターミネーターが待ち受けていた。

★【スタッフ】
監督:アラン・テイラー
脚本:レータ・カログリディス、パトリック・ルシエ
撮影:クレイマー・モーゲンソー
音楽:ローン・バルフェ

★【キャスト】
アーノルド・シュワルツェネッガー、エミリア・クラーク、ジェイ・コートニー、ジェイソン・クラーク、イ・ビョンホン、J・K・シモンズ、マット・スミス、サンドリーヌ・ホルト、ダグラス・スミス

【無料動画】

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』第2弾予告編

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』第2弾予告編

(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

●映画FUN (2015年8月14日)
機械に制圧されている2029年からジョン・コナーの母親サラ・コナーを救うために1984年へと送られたカイル・リースの奮闘を描くSFアクション映画。1作目と同じようなスタートを切るが、新起動というだけあって新しい物語軸。既に「ターミネーターはこういうもの」というイメージ・ストーリーが定着してる中、既成概念を壊さずに新しい展開を見せているのは素晴らしい。ターミネーターが歳をとる設定も、新鮮で良かったと思います。
●DAILYMOTION (2016年7月15日)
しっかり過去作を踏まえてのリブートになっているのが好印象。正直、これ以上この作品を引き延ばしてもしょうがないと思ったのだが、上手く拡大しているのではないか。小ネタもたくさんあって、古いターミネーターにガタが来てしまっているのも、現実的でいい描写だと思いました。あとはやっぱりシュワルツェネッガーは外せないということが再確認できました。この作品の成功は彼の存在があってこそであるというのは間違いありません。
●VUDU (2016年10月19日)
1作から3作までを統合したストーリの新解釈による完全新作というかなりの意欲作。おなじみのT800サイボーグに液体金属のT1000サイボーグも登場するなどファンが飛びはねて喜ぶ要素もあり。過去と未来がパラレルワールドとなっており、誰が味方で誰が敵なのか判別できない複雑なストーリーは初見には辛いかも。過去作を見直すとさらに作品に入り込めるので良いと思うのですが、結構大変な作業になってしまうので時間があるときに。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)