ラブライブ!The School Idol Movie

9人の少女たちと紡ぐ青春学園ドラマがついに映画化

2013年1~3月にテレビシリーズ第1期、14年4~6月に第2期が放送されたアニメのほか、アイドルグループ「μ’s(ミューズ)」によるCDリリース、ライブイベントなど、さまざまなメディアで展開し、大きな人気を集める「ラブライブ!」の劇場版。廃校の危機にある国立音ノ木坂学院を救うため、2年生の高坂穂乃果をはじめとする9人の女子生徒たちで結成されたスクールアイドルグループ「μ’s(ミューズ)」。その活躍で廃校の危機を救い、スクールアイドルの祭典「ライブラブ!」第2回大会では決勝戦進出も果たした彼女たちは、3年生の卒業をもって「μ’s」の活動を終了すると決めていた。しかし、卒業式直後に届いたある知らせをきっかけに、「μ’s」は新たなライブをすることに。限られた時間の中で、9人はまた少し成長していく。

原題:ラブライブ!The School Idol Movie / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2015年6月13日 / 上映時間:99分 / 製作会社:サンライズ / 配給:松竹 / 製作費: / 興行収入:28.6億円

★【スタッフ】
監督:京極尚彦
脚本:花田十輝
キャラクターデザイン:室田雄平
音楽:藤澤慶昌

★【キャスト】
新田恵海、南條愛乃、内田彩、三森すずこ、飯田里穂、Pile、楠田亜衣奈、久保ユリカ、徳井青空、高山みなみ

【無料動画】

「ラブライブ!The School Idol Movie」劇場本予告(90秒ver.)

「ラブライブ!The School Idol Movie」劇場本予告(90秒ver.)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月6日) 
ほのぼのと過ごしながらもテンポの良いギャグやシリアスな状況に全員が一丸となって立ち向かう姿に元気をもらえる「ラブライブ!」が映画化したとあれば見ないという選択肢はない。映画ではどうやって見せてくるのかと思ったら、まさかのミュージカル的演出でした。挿入歌は学年ごとの曲3曲、9人のライブステージ2曲共に映画を最高に盛り上がらせてくれます。ファンなら涙するのは当然の大傑作。まだ彼女たちを知らない人はこれがスタートです。
BILIBILI (2016年2月8日) 
μ’sにニューヨークから海外ライブの出演オファーが届く…もうこんなに高みに行ってしまったのかと感慨深いです。まさにオールスター出演のライブシーン、μ’sのメンバーが出したμ’sの結末は、まさに大団円そのもので綺麗に物語が完結していたところも最高。アイドルが持つ「引退」「卒業」という宿命に向き合った素晴らしい作品で、絶対に泣いてしまいます。最初はわざわざ劇場版とか必要ないのではとも思ったけど、全くの杞憂でした。
CRUNCHYROLL (2016年2月12日) 
アニメシリーズを見ていない人はなぜこの映画で感動するファンがいるのか全然わからないでしょう。楽しめないハズがない映画なんです。TVアニメ1期・2期、そしてこの劇場版を通してたった一年間の出来事を描いているのだが、その最後の1ヶ月を舞台に劇場版を作ってしまう根性には敬服。これも今では当たり前にTVアニメの劇場版が作られる時代になったからなんですが。それにしても音楽系のアニメと劇場版の相性は抜群すぎますね。