アルマゲドン2014

動画『アルマゲドン2014』を無料視聴

アルマゲドン2014

原題:ASTEROID VS EARTH
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2014年10月(DVDスルー)
上映時間:92分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
その日、地球に接近する小惑星が確認された。大きさは月の4分の1。衝突まで、残された時間はわずか10日間。ロシアは迎撃ミサイルを発射するが、作戦は失敗。飛来した巨大隕石により、香港が壊滅してしまう。人類を絶滅から救うため、アメリカが賭けた最後の作戦。それは深海で核爆発を起こし、誘発した巨大地震のエネルギーで地球を動かし、衝突軌道から逸らすというものだった。人類の運命を背負い、潜水艦ポーク号はフィリピン沖のヤップ海溝を目指すが…。

【スタッフ】
監督:クリストファー・レイ
脚本:アダム・リプシアス
撮影:ローラ・ベス・ラブ
音楽:クリス・リンデンハウアー、クリス・カノ

【キャスト】
ティア・カレル、ロバート・ダヴィ、ジェイソン・ブルックス、ティム・ラス、ボビー・レイ・シェファー

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2016年1月23日) star_5
8年連続で地球に衝突したアルマゲドン20XX流星群。それでも破壊されない地球は最強の惑星であることが証明されたも同然だ。そんな戯言はおいておいて、この人類最後の死闘に作り上げた制作配給会社のアサイラム、そしてそれをこんな辺境の島国にまで拡大させたアルバトロスは諸悪の根源、いや悪ノリの天才である。どこの世界にも仲間はいるものだ。しかし、アルマゲドン2014を最後にクソ隕石映画の毎年の到来という悪夢から人類は解き放たれた。つかの間の休息か、それとも永遠の沈黙なのか。もし次に災悪がやってくるとしたら、それはどんなパワーアップを遂げているのか。コワイもの見たさが膨らむ。
名無しさん(2016年2月14日) star_5
隕石が地球に向けて直進してきたらあなたはどうするでしょうか。隕石をミサイルや宇宙兵器で破壊する? 可能な限りの人を宇宙船に乗せて退避する? この映画が選択した手法はそんな平凡なものとは違います。そして単純明快です。小学生でも思いつきます。それは避ける。地球をずらすのです。もう一度言います。地球を移動させるのです。海溝で核爆弾を爆発させ、マグニチュード18の地震を起こすというのです。どうでしょうか。人類の知能の恐ろしさを見ましたか。もう滅んでもいいかもしれない。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。