ホーリー・モーターズ

動画『ホーリー・モーターズ』を無料視聴

原題:Holy Motors
製作:フランス・ドイツ(2012年)
日本公開日:2013年4月6日
上映時間:115分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 91%

フランスの鬼才レオス・カラックスが、オムニバス「TOKYO!」(2008)以来4年ぶり、長編では「ポーラX」(1999)以来13年ぶりに手がけた監督作。生きることの美しさへの渇望に突き動かされる主人公オスカーが、富豪の銀行家、殺人者、物乞いの女、怪物など、年齢も立場も違う11人の人格を演じながら、白いリムジンでパリを移動し、依頼主からの指示を遂行していく姿を実験的な映像とともに描き出していく。

★【スタッフ】
監督:レオス・カラックス
脚本:レオス・カラックス
撮影:カロリーヌ・シャンプティエ

★【キャスト】
ドニ・ラバン、エディット・スコブ、カイリー・ミノーグ、エバ・メンデス、ミシェル・ピッコリ

【無料動画】

映画『ホーリー・モーターズ』予告編

映画『ホーリー・モーターズ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年4月21日) 
L.カラックス13年ぶり新作。監督自らの分身とも言えるドニが演じるオスカーが11役を演じるという二重構造。乱雑な表現でぶん投げるなら意味不明なストーリー。しかし、そこに意味がある。ドゥニ・ラヴァンの体の張りっぷりというか、役者を超えてる何かやばい存在って感じが画面に張りを与えていたと思う。とにかくいろんな要素が大量投入されていてごっちゃごっちゃに詰め込まれていて、お腹が信じられないくらい膨れていっぱいになる映画です。何回も観返したい映画としては筆頭クラスの名作。
名無しさん(2016年5月5日) 
この映画を見始めたら時間があっという間に立ってしまった。時間的に短くないはずなのに体感は一瞬だった。謎のシーンが多すぎる。考察のしがいがあるともいえる。実際にどう解釈するか見る側に委ねられているともいってよい。初めのカラックスが劇場に入って行くシーンは「人生は映画のよう」と言うことか?など考えるとキリがない。しかし、本作の場合は、監督が観客の存在を無視して作った作品なのだから、無理にこれはこういうことを伝えたかったんだろうと通ぶって推測することはナンセンスなのかもしれない。