ルドルフとイッパイアッテナ

動画『ルドルフとイッパイアッテナ』を無料視聴

原題:ルドルフとイッパイアッテナ
製作:日本(2016年)
日本公開日:2016年8月6日
上映時間:89分
製作会社:Sprite Animation Studios、OLM、OLM Digital
配給:東宝
製作費:
興行収入:

★【評価】
映画.com 3.5 / 5.0
Yahoo!映画 4.02 / 5.00
Filmarks 3.5 / 5.0

★【あらすじ】
1987年の刊行以来、多くの子どもたちに親しまれてきた名作児童文学「ルドルフとイッパイアッテナ」をフル3DCGアニメーションで映画化。大好きな飼い主と離ればなれになってしまった黒猫ルドルフは、長距離トラックの中に迷い込んで大都会・東京にたどり着く。そこでルドルフは大きなボス猫イッパイアッテナと出会い、一緒にノラ猫として暮らしはじめる。ところが、イッパイアッテナには思いがけない秘密があった。

★【スタッフ】
監督:湯山邦彦、榊原幹典
脚本:加藤陽一
キャラクターデザイン:阿波パトリック徹
主題歌:back number「黒い猫の歌」

★【キャスト】
井上真央、鈴木亮平、八嶋智人、古田新太、大塚明夫、水樹奈々、寺崎裕香、佐々木りお

【無料動画】

映画『ルドルフとイッパイアッテナ』予告編

映画『ルドルフとイッパイアッテナ』予告編

(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【インタビュー】
・鈴木亮平「僕は猫を飼ったことがないので、ネコの役が出来るのかな?と。それで原作を読んでいくうちにこれは猫の話だけれども人間のことを描いているのだなとわかったんですよね」
・井上真央「幼い頃に住んでいた場所にノラ猫ちゃんがいたので、昔からよく鳴きマネしていたんです」

★【感想・批評】

●名無しさん(2016年8月10日) 
猫たちのやりとりに癒され、最後はなんか考えさせられちゃいました。なによりも、ルドルフがとにかく可愛い! 井上真央さんの声もぴったりです。
●名無しさん(2016年8月14日) 
かなり昔に本を読んだ経験を思い出しながら、懐かしい気持ちになりました。やっぱり児童書としても良いお話しですね。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)