カフェ・ド・フロール

動画『カフェ・ド・フロール』を無料視聴

カフェ・ド・フロール

原題:Cafe de Flore
製作:カナダ・フランス(2011年)
日本公開日:2015年3月28日
上映時間:120分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・バレ監督が、同作の前に手がけた2011年製作の長編作品。バネッサ・パラディ主演で、異なる時代を超えて男と女、母と子の愛が紡がれていく様を描いた。1969年のパリ。障害を抱えた息子ローランを育てるシングルマザーのジャクリーヌにとって、ローランが唯一の生きがいだった。一方、現代のモントリオールに暮らすアンドワーヌは、2人の娘と大切な恋人、両親に囲まれ何不自由なく生きていたが、別れた妻のキャロルはまだその痛手から抜け出せずにいた。

【スタッフ】
監督:ジャン=マルク・バレ
脚本:ジャン=マルク・バレ
撮影:ピエール・コットロー

【キャスト】
バネッサ・パラディ、ケビン・パラン、エブリーヌ・ブロシュ、エレーヌ・フローラン、マラン・ゲリエ

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2016年5月10日) star_5
音楽が最高の美しさで混ざっていく印象的な余韻を残してくれました。目覚めの悪い夢のような幻想的な映像と、登場人物たちの置かれた微妙に苛酷な状況に、ピンクフロイドとシガーロスの音楽が心地よく融けあいます。また、色味を抑えた映像で素敵な雰囲気だし、シングルマザーとダウン症の息子のストーリーにはとてもグッときます。母親役のパネッサ・パラディは勿論素晴らしかったが、あの子役の男の子の演技力も負けず劣らず良かったです。
シアターさん(2016年5月24日) star_5
「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・ヴァレ監督作品。素晴らしい作品でした。1969年と現代の2つのストーリーが平行して描かれるラブ・ストーリーとなっております。音楽がすごくよくて、使い方も秀逸。ピンク・フロイドの名盤「狂気」から「Speak to Me」と「Breath」がチョイスされています。静かな中に、独自のスピード感と音楽が頭の中でぐるぐると回り、ラストへ繋がっていく鮮やかさに一瞬で魅了されました。時折、もう1度見たくなる映画です。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。