ゲームを見る「メタルギアソリッドV」

動画『メタルギアソリッドV』を無料視聴

MGS5

罪を背負った男の復讐を描くシリーズ第5作

タイトル:メタルギアソリッドV(METAL GEAR SOLID V)
ジャンル:ステルスゲーム
開発  :小島プロダクション
対応機種:PlayStation3・PlayStation4
発売日 :2014年3月20日/2015年9月2日

【作品紹介・あらすじ/STORY】
ピースウォーカー事件から4ヶ月後の1975年3月16日。スネークが率いる「国境なき軍隊」の兵力は、核を保有するほど強大になっていた。この情報をつかんだIAEA(国際原子力機関)は、この軍隊に対する査察を申し入れる。しかしスネークは、国籍もなくNPT(核拡散防止条約)にも加盟していない「国境なき軍隊」を査察しようとするIAEAの意図をはかりかねていた。そんな中、ピースウォーカー事件で死亡していたと思われていたパスが生きており、キューバ南端の米軍基地内で尋問されているという情報がスネークのもとに飛び込んできた。この情報を聞いた少年チコは単身で救出に乗り出したが、捕えられてしまう。チコから助けを求める無線を受けたスネークは、パスとチコを救出するためキューバへ単身潜入を開始する。
それから月日が経ち…。病室で目を覚ましたヴェノム・スネークは、自分が昏睡状態のまま9年間も眠り続けていたことと左腕の喪失、整形手術が施されていたことを知らされる。覚醒したばかりでほとんど動くことができないスネークの目の前に現れたのは、顔に包帯を巻いたイシュメールと名乗る謎の男だった。イシュメールの的確な指導と行動の下、スネークは病院からの脱出を図るが、病院は謎の存在の襲撃を受けていた。彼らの包囲網をくぐり抜け、救急車で病院から脱出したスネークとイシュメールであったが、武装したヘリの襲撃を受け、車は横転する。しばらく気を失っていたスネークだったが、目を覚ますとイシュメールの姿は消えており、救急車の外に出た途端武装ヘリに捕捉される。しかしスネークを救ったのは、かつてヴァーチャスミッションおよびスネークイーター作戦を通して知り合った、ソ連に潜入していた工作員オセロットだった。

【キャラクター】
・ヴェノム・スネーク(声:大塚明夫)
・ベネディクト “カズヒラ” ミラー(声:杉田智和)
・リボルバー “シャラシャーシカ” オセロット(声:三上哲)
・”ヒューイ” エメリッヒ(声:田中秀幸)
・クワイエット(声:ステファニー・ヨーステン)
・コードトーカー(声:阪脩)
・スカルフェイス(声:土師孝也)
・パス・オルテガ・アンドラーデ(声:水樹奈々)
・チコ(声:井上喜久子)

【動画/MOVIE】
『メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ』


『メタルギアソリッドV ファントムペイン』