ゴールデンラズベリー賞 | 受賞映画

《ゴールデンラズベリー賞とは?》
毎年アカデミー賞授賞式の前夜に「最低」の映画を選んで表彰する映画賞で、ラジー賞とも呼ばれる。

★は受賞作品、●はノミネート作品。

第37回(2016年)

ワースト作品賞
★『ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史
●『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
●『ダーティ・グランパ
●『キング・オブ・エジプト
●『インデペンデンス・デイ リサージェンス
●『ズーランダー NO.2

ワースト男優賞
★ディネッシュ・ドゥソウザ『ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史
●ベン・アフレック『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
●ジェラルド・バトラー『キング・オブ・エジプト』『エンド・オブ・キングダム
●ヘンリー・カビル『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
●ロバート・デ・ニーロ『ダーティ・グランパ
●ベン・スティラー『ズーランダー NO.2

ワースト女優賞
★ベッキー・ターナー『ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史
●ミーガン・フォックス『ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)
●タイラー・ペリー『ブー! マディア・ハロウィン(原題)
●ジュリア・ロバーツ『マザーズ・デイ
●ナオミ・ワッツ『アリージェント PART1(原題)』『Shut In』
●シャイリーン・ウッドリー『アリージェント PART1(原題)

ワースト助演男優賞
★ジェシー・アイゼンバーグ『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
●ニコラス・ケイジ『スノーデン
●ジョニー・デップ『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅
●ウィル・フェレル『ズーランダー NO.2
●ジャレッド・レト『スーサイド・スクワッド
●オーウェン・ウィルソン『ズーランダー NO.2

ワースト助演女優賞
★クリステン・ウィグ『ズーランダー NO.2
●ジュリアン・ハフ『ダーティ・グランパ
●ケイト・ハドソン『マザーズ・デイ
●オーブリー・プラザ『ダーティ・グランパ
●ジェーン・シーモア『Fifty Shades of Black』
●セラ・ウォード『インデペンデンス・デイ リサージェンス

ワースト・リメイク/パクリ/続編
★『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
●『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅
●『Fifty Shades of Black』
●『インデペンデンス・デイ リサージェンス
●『ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)
●『ズーランダー NO.2

ワースト監督賞
★ディネッシュ・ドゥソウザ、ブルース・スクーリー『ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史
●ローランド・エメリッヒ『インデペンデンス・デイ リサージェンス
●タイラー・ペリー『ブー! マディア・ハロウィン(原題)
●アレックス・プロヤス『キング・オブ・エジプト
●ザック・スナイダー『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
●ベン・スティラー『ズーランダー NO.2

ワースト脚本賞
★『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

第36回(2015年)

ワースト作品賞
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
ファンタスティック・フォー
ジュピター
モール・コップ ラスベガスも俺が守る!
ピクセル

ワースト男優賞
ジェイミー・ドーナン「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
●ジョニー・デップ「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密
●ケビン・ジェームズ「モール・コップ ラスベガスも俺が守る!
●アダム・サンドラー「ピクセル」「The Cobbler」
●チャニング・テイタム「ジュピター

ワースト女優賞
ダコタ・ジョンソン「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
●キャサリン・ハイグル「ホーム・スイート・ヘル キレたわたしの完全犯罪」
●ミラ・クニス「ジュピター
●ジェニファー・ロペス「ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑」
●グウィネス・パルトロウ「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

最低助演男優賞
エディ・レッドメイン「ジュピター」

最低助演女優賞
ケイリー・クオコ「Alvin and the Chipmunks: The Road Chip」

ワースト・リメイク/パクリ/続編
ファンタスティック・フォー
●Alvin & The Chipmunks: Road Chip
●オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2
ムカデ人間3
モール・コップ ラスベガスも俺が守る!

ワースト監督賞
ジョシュ・トランク「ファンタスティック・フォー
●アンディ・フィックマン「モール・コップ ラスベガスも俺が守る!
●トム・シックス「ムカデ人間3
●サム・テイラー=ジョンソン「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
●アンディ&ラナ・ウォシャウスキー「ジュピター

最低カップル賞
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

名誉挽回賞
★シルベスター・スタローン「クリード チャンプを継ぐ男
●エリザベス・バンクス「ピッチ・パーフェクト2
●M・ナイト・シャマラン「ヴィジット
●ウィル・スミス「コンカッション(原題)」