ゼロの未来

コンピューターに支配された世界で生きる孤独な天才技師

「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」の鬼才テリー・ギリアム監督が、「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ 繋がれざる者」のクリストフ・ワルツを主演に描いたSFドラマ。コンピューターに支配された近未来を舞台に、謎めいた数式を解くため教会にこもって生きる孤独な天才技師の人生が、ある女性との出会いから変化していく様を描いた。世間になじめない天才コンピューター技師のコーエンは、「ゼロの定理」という謎めいた数式を解くことを義務付けられ、ひとり教会にこもって定理の解明を続ける。ある日、パーティに連れていたれたコーエンは、そこで魅力的な女性ベインスリーと出会う。自分と同じく天才と呼ばれるボブとの交流やベインスリーとの淡い恋を通じて、コーエンは生きる意味を知っていくが…。

原題:The Zero Theorem / 製作:イギリス・ルーマニア・フランス・アメリカ(2013年) / 日本公開日:2015年5月16日 / 上映時間:107分 / 製作会社:MediaPro Studios / 配給:ショウゲート

★【スタッフ】
監督:テリー・ギリアム
脚本:パット・ルーシン
撮影:ニコラ・ペコリーニ
音楽:ジョージ・フェントン

★【キャスト】
クリストフ・ヴァルツ、デビッド・シューリス、メラニー・ティエリー、ルーカス・ヘッジズ、マット・デイモン、ティルダ・スウィントン、サンジーヴ・バスカー、ピーター・ストーメア、ベン・ウィショー、グウェンドリン・クリスティー

【無料動画】

映画『ゼロの未来』予告編

映画『ゼロの未来』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 51%

★【感想・批評】

映画FUN (2016年4月5日) 
テリーギリアムの愛の解釈が好き。なんでこんなに夢中になってしまうのだろう。廃墟となった教会のビジュアルがまず最高。宗教を生きる目的にすることを揶揄してるような電子の世界なのにうっとおしいオペレーターの口もとが人間の口だったり、データを入れるのが試験管だったりする世界観がユニークすぎる。キャストは地味に豪華で、マット・デイモンもいたりと、びっくり。主題歌になってるジャズアレンジのクリープが個人的には気持ちが良い。
STREAMIN (2016年4月15日) 
壮大な理論と定理のSF話に見せかけて孤独な引き篭もり老人のちょっとした反抗期と魂救済計画的な物語だったりする。電脳空間のアプローチのひとつとして根強い実空間の情報化、かと思いきや電脳空間と精神空間を交錯させたかのような摩訶不思議な時空間と、様式や文化をトランスミックスしたかのような膨大な情報によって複雑化したミニマルな空間、衣装、インダストリアル・デザイン。テリー・ギリアムにしかできないと断言できる世界だった。
DAILYMOTION (2016年5月26日) 
期待していたとおり、やはりギリアムが展開する近未来像は素晴らしかった! 同監督の傑作『未来世紀ブラジル』で見られた監視・統制社会の揶揄にも通ずる一方、独自のアプローチも見せるこの映画。Radioheadのカバー曲「Creep」がこれまたコーエン自身を形容してて絶妙な味になっていたし、ベインズリーは思わず抱きたくなる女だし、ラストも最後の最後までしっかりギリアム節が詰まっている。変な偏見抜きで、ぜひ視聴してほしい映画である。