「メアリー・エリザベス・ウィンステッド」出演映画作品おすすめ5選

スクリーム・クイーンと評価されるメアリー・エリザベス・ウィンステッド。バレリーナをやめて役者を目指すことにした彼女は、出演の多いホラー映画やティーン向けの作品にて、個性豊かな役どころを熱演し、彼女の持ち味となっています。自身もホラー映画の大ファンと発言しており、『シャイニング』・『エイリアン』・『ローズマリーの赤ちゃん』がお気に入りだとか。そんなメアリー・エリザベス・ウィンステッドの出演作からおすすめをピックアップしました。

本名:Mary Elizabeth Winstead
生年月日:1984年11月28日
出生地:アメリカ、ノースカロライナ州、ロッキーマウント

10 クローバーフィールド・レーン

『スター・ウォーズ』を見事に新生させたハリウッドきってのヒットメーカーとして知られるJ・J・エイブラムスがプロデュースした謎のSFサスペンス。メアリー・エリザベス・ウィンステッドが極限空間から脱出したとき、そこに待っているのは何なのか?

リンカーン 秘密の書

ティム・バートンが仕掛ける、第16代アメリカ大統領エイブラハム・リンカーンがバンパイアハンターとなり戦う姿を描いた3Dアクション。リンカーンが恋に落ち、後の妻となるメアリーをメアリー・エリザベス・ウィンステッドが演じています。

遊星からの物体X ファーストコンタクト

ジョン・W・キャンベル・Jr.の短編小説「影が行く」の3度目の映画化作。南極大陸の氷の中で発見された宇宙生命体が人類を脅かすスリラー。メアリー・エリザベス・ウィンステッドお得意のジャンルであり、輝いています。

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団

エドガー・ライト監督が映画化した日本のゲームネタも満載なハチャメチャな映像たっぷりのアクション・コメディ。主人公のスコット・ピルグリムが、ある日恋に落ちる不思議な女性をメアリー・エリザベス・ウィンステッドが熱演。

ダイ・ハード4.0

ブルース・ウィリス主演の大ヒット作アクション『ダイ・ハード』シリーズの第4弾。メアリー・エリザベス・ウィンステッドは、ブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーンの娘役に抜擢。父に似てるどうかは気にしない。