ヒア アフター

動画『ヒア アフター』を無料視聴

クリント・イーストウッドが死を描く

原題:Hereafter
製作:アメリカ(2010年)
日本公開日:2011年2月19日
上映時間:129分
製作会社:The Kennedy/Marshall Company
配給:ワーナー・ブラザース
製作費:5000万ドル
興行収入:

【評価・受賞】
46% Rotten Tomatoes

【あらすじ】
巨匠クリント・イーストウッドが、死後の世界にとらわれてしまった3人の人間の苦悩と解放を描いたヒューマン・ドラマ。サンフランシスコに住む元霊能者で肉体労働者のジョージ、臨死体験をしたパリ在住のジャーナリスト・マリー、兄を亡くしたロンドン在住の小学生マーカスの3人が、互いの問いかけに導かれるようにめぐり会い、生きる喜びを見出していく姿を描く。

【スタッフ】
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ピーター・モーガン
撮影:トム・スターン
音楽:クリント・イーストウッド

【キャスト】
マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、ジョージ・マクラレン、フランキー・マクラレン

【動画】

映画『ヒア アフター』予告編

映画『ヒア アフター』予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
【Gyao】


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月2日) star_5
心に染み入る作品だったというと嘘っぽい臭い言葉になるかもしれないが、事実そういう映画だった。本作はスピリチュアル映画だと勘違いされる。確かに死後の世界を見つめる三人が主人公で、まるで死後の世界が存在し、交流できるというかたちで物語は進む。しかし、それが事実かどうかは重要ではない。心に歪みを抱えた人間がいかにしてにそれと向き合い、前に進むかなのだ。そのための方法が非科学的だとしても別に問題ないはずだ。
映画フリー (2016年2月26日) star_5
冒頭の津波のシーンがかなりのショッキング描写。とくに日本人ならなおさらなのだが、これがイーストウッドらしい映像と腕によって描かれるので、心に迫るぐらい辛さを刻み込む迫力がある。もちろん、この過酷な描写あってこそのその後のドラマにつながるのだが。霊と交信できる故に苦しんできた男と、津波で死にかけた際に向こう側を垣間見た女と、双子の兄を亡くした少年の物語は、過剰な演出や音楽を省いて無駄がない。美しいドラマだ。
SPACEMOV (2016年3月24日) star_5
定番の西部劇から、サスペンス、戦争アクション、メロドラマ、ミステリー等々イーストウッド監督が手掛ける作品の多様性には今さら驚くこともあるまいが、まさかのスピリチュアル映画とは。でも、死への価値観とかは共通しているので、同じ感じはします。個人的にはイーストウッド作品の中でもベストといえるお気に入りです。死者をみることしか出来なかったマット・デイモンが生者を視る結末に沁々と泣けてきます。
DAILYMOTION (2016年3月25日) star_5
日本では2011年2月19日に公開された本作ですが、ご存じのとおり、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震を受けて、3月14日に本作の上映を中止してしまった経緯があります。でも、あらためてこの映画を見ると、震災後の日本にこそ突き刺さる話になっているし、被災者のような死を向き合わざるを得なくなった人の物語なので、一致すらしているのですね。これは運命なんじゃないかと思うほどの重なり。日本とイーストウッド、何かあるかな。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする