「ヴィン・ディーゼル」出演映画作品おすすめ5選

今ではトップ・アクションスターのヴィン・ディーゼル。でも、彼の本質はクリエーターです。1995年に短編映画を主演・監督したことがきっかけで、スティーブン・スピルバーグの目に留まり、『プライベート・ライアン』への出演が決まる強運の持ち主。現在は映画製作会社One Race Filmsを設立したほか、ゲーム開発会社Tigon Studiosも所有するほどのマルチな才能を発揮。そんなヴィン・ディーゼルの出演作からおすすめをピックアップしました。

本名:Mark Sinclair Vincent
生年月日:1967年7月18日
出生地:アメリカ、ニューヨーク

トリプルX 再起動

型破りなシークレットエージェントの活躍を描いたスパイアクション『トリプルX』の12年ぶりシリーズ第3作。ヴィン・ディーゼルといえば『ワイルド・スピード』ですが、このシリーズも負けていません。シリーズを大切にするヴィン・ディーゼルの愛がたっぷりつまった一作です。

ラスト・ウィッチ・ハンター

ヴィン・ディーゼル主演の、800年にわたり戦い続ける魔女ハンターを描いたダーク・ファンタジー・アクション。ゲーム大好きヴィン・ディーゼルはゲームのような世界観にもなんなくハマります。剣を振り回し、異形のモンスターと戦う雄姿をぜひ観てください。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

全員が犯罪歴をもつお尋ね者たちがチームを組み、銀河滅亡の危機を阻止する戦いに巻き込まれていく姿を描いたマーベルコミックの映画化作品。ヴィン・ディーゼルが声とモーションキャプチャーを演じたのは、まさかの「木」。でも、観れば大好きなキャラクターになるはず!

ピッチブラック

未知の惑星を舞台に、闇の恐怖を克明に描くSFアクションスリラー。ヴィン・ディーゼルが本格的にアクションスターとして主演するようになった記念すべき一作。その後の続編『リディック』でも大活躍するほど、やっぱりヴィン・ディーゼルは主人公でないといけない!

ストレイ・ドッグ

ヴィン・ディーゼルが監督・製作・脚本・主演の4つを一挙に手がけたクライム・アクション。麻薬ディーラーの葛藤を描く作品となっています。ヴィン・ディーゼルのファンであれば、この映画を観ていないとヴィン・ディーゼルに申し訳がたたない!?