「ダン・スティーヴンス」出演映画作品おすすめ5選

ビーストでもやっぱりカッコいい英国イケメン俳優ダン・スティーヴンス。名作ディズニーアニメーションの実写化映画『美女と野獣(2017)』でエマ・ワトソン演じるヒロインと愛を育む野獣を演じたことで知名度を上げたダン・スティーヴンスですが、実はデビュー作は2004年のTVドラマ『フランケンシュタイン』でなにかと怪物に縁がある人です。『ダウントン・アビー』などTVドラマでの活躍はすでにありますが、今後はハリウッドでの活躍も期待されます。そんなダン・スティーヴンスの出演作からおすすめをピックアップしました。

本名:Daniel Jonathan Stevens
生年月日:1982年10月10日
出生地:イングランド、ロンドン

クリミナル・ミッション

豪華キャストが共演し、高校時代の友人が急死したことをきっかけに再会した4人の男たちが、借金だらけに陥って、仕方なく人を拉致して一晩だけ監禁しなければならなくなるクライムドラマ。素人だけど悪いことをしようとするダン・スティーヴンスの姿はどこか健気です。

誘拐の掟

元ニューヨーク市警の酔いどれ探偵マット・スカダーを主人公にした人気シリーズを映画化したリーアム・ニーソン主演のサスペンス。ダン・スティーヴンスは、妻を誘拐されて殺された麻薬仲介人を演じ、主人公に事件の調査を依頼する役です。

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密

真夜中になると展示物が動き出す博物館で起こる騒動を描いたベン・スティラー主演の人気アドベンチャー『ナイト ミュージアム』のシリーズ最終章となる第3弾。大英博物館に展示されているアーサー王伝説の騎士ランスロットをダン・スティーヴンスはコミカルに熱演。

ザ・ゲスト

ある日突然やってきた息子の友人は人柄も容姿も完璧。でも、実はその正体の裏にはとんでもない顔が隠されていたサスペンス・スリラー。主役の謎の男を演じるダン・スティーヴンス。あなたの家にダン・スティーヴンスがやってきたら、どうする?

靴職人と魔法のミシン

冴えない中年男が、魔法の力を借りて人生の喜びを発見する様を描いたヒューマンコメディ。マンハッタンのロウアー・イーストサイドで年老いた母親とふたりで暮らすマックスが思わぬトラブルに巻き込まれていくドタバタ劇の中で、ダン・スティーヴンスはエミリアーノを演じています。