リトル・フォレスト 冬・春

動画『リトル・フォレスト 冬・春』を無料視聴

原題:リトル・フォレスト 冬・春
製作:日本(2015年)
日本公開日:2015年2月14日
上映時間:120分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
「海獣の子供」などで知られる漫画家・五十嵐大介の同名コミックを、「春」「夏」「秋」「冬」の4部作として実写化し、「夏・秋」(前編)、「冬・春」(後編)の2編にわけて劇場公開する「リトル・フォレスト」の後編。一度は街に出たものの居場所を見つけることができず、生まれ故郷の小さな村に戻ってきた女性いち子が、東北の美しくも厳しい自然に囲まれた自給自足の生活を通じて、自らを見つめ直していく姿を描く。秋の終わりに、5年前の雪の日に突然姿を消した母・福子から1通の手紙が届き、いち子は今までやこれからの自分を思い、心が揺れ始める。そうした日々の中でも季節はめぐり、雪解けとともに春の足跡も近づいてくる。来年もここにいるかどうかわからなくなったいち子は、春一番で作付けするジャガイモを今年は植えるかどうか迷うが…。

【スタッフ】
監督:森淳一
脚本:森淳一
撮影:小野寺幸浩
音楽:宮内優里

【キャスト(キャラクター)】
橋本愛(いち子)、三浦貴大(ユウ太)、松岡茉優(キッコ)、温水洋一(シゲユキ)、桐島かれん(福子)、イアン・ムーア(ウィリアム)、佐藤さち子(近所の主婦1)、千葉登喜代(近所の主婦2)、小島康志(郵便屋)、北上奈緒(キッコの祖母)、岩手太郎(キッコの祖父)、笹川桃音(いち子:小学生)、照井麻友(キッコ:小学生)、栗原吾郎(スーパーのアルバイト男性)

【動画】

映画『リトル・フォレスト 冬・春』予告編

映画『リトル・フォレスト 冬・春』予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
TSUTAYA DISCAS/TV(30日無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 dTV
Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Hulu
auビデオパス(30日無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Au
ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Netflix
Amazonプライム・ビデオ(30日無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2015年3月3日) star_5
とにかく映像に癒される。母親の失踪の謎は分からぬままなのが気になるが、いち子の母にとって自分が家族であったかという言葉には考えさせられた。どれだけ近い相手でも思うことを考えなければならないと改めて思う。まぁ最後前向きに生きる方向が見つかって良かった。小さな一歩でもよいのだと優しいメッセージをくれる映画だった。
名無しさん(2015年3月8日) star_5
春夏秋冬、全て鑑賞済みですが原作は未読です。夏秋の時もそうでしたが、リトルフォレストは映像、役者の演技、音楽、全てが合っている。一つの作品としてお互いに支えあっていると感じます。自分の好みに合っていたという事もありますが、私はこの作品が大好きです。今まで多いとも少ないとも言えない数の映画しか、見てきていませんが私は「リトル・フォレスト」がとても好きです。抜群のカメラワークと演出が、料理と自然と人物の美しさを際立たせ、それが望郷や身につまされるようなむず痒い思いを盛り上げる完璧な構成。最後の神楽では思わず涙が込み上げてきた。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする