わたしに会うまでの1600キロ

それは自分を見つめ直す壮大な旅路

原題:Wild
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2015年8月28日
上映時間:116分
製作会社:Pacific Standard
配給:20世紀フォックス
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 90%

第87回アカデミー賞で主演女優賞と助演女優賞にノミネート。

人生の再出発のため1600キロに及ぶパシフィッククレストレイルを踏破した実在の女性シェリル・ストレイドの自叙伝を、オスカー女優のリース・ウィザースプーンが製作・主演、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・バレ監督がメガホンをとって映画化したドラマ。母の死に耐え切れず、優しい夫を裏切り薬と男に溺れて結婚生活を破綻させたシェリルは、母が誇りに思ってくれていた自分を取り戻すため、人生を一からやり直すために1600キロ踏破の旅に出る。極寒の雪山や酷暑の砂漠に行く手を阻まれ、命の危険にさらされながらも、その過酷な道程の中でシェリルは自分と向き合っていく。

★【スタッフ】
監督:ジャン=マルク・バレ
脚本:ニック・ホーンビィ
撮影:イブ・ベランジェ

★【キャスト】
リース・ウィザースプーン、ローラ・ダーン、トーマス・サドスキー、ミキール・ハースマン、ギャビー・ホフマン、マイケル・ユイスマン、ケヴィン・ランキン、ブライアン・ヴァン・ホルト

【無料動画】

映画『わたしに会うまでの1600キロ』予告編

映画『わたしに会うまでの1600キロ』予告編

©2014 Twentieth Century Fox


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

映画FUN (2016年1月10日) 
この映画はまさに女性映画である。女性が、しかもプロでもない人間が、たった一人で山道と砂漠というパシフィック・クレスト・トレイル全長2,650マイル=4,264キロのアメリカ合衆国の長距離自然歩道)のうち1600キロを踏破するという無謀さ。その目的には自分との対話。ドラッグ中毒、セックス依存症、多数の問題を抱えつつ、向き合っていくためとはいえ、この挑戦はなかなかやろうと思ってできるものではない。まさにチャンレンジャーだ。
SPACEMOV (2016年1月11日) 
自分を見つめ直すのに山登りする人はいるが、こんな途方もない距離を踏破する人はそうそういない。ロードムービーとして十分に楽しいが、自然での生き方もまるで知らない現代人がしだいに逞しくなっていく姿は、確かに見ているこちらまで成長したような気分にさせる。一人旅のときの自分を見つめる瞬間と、目の前の現実的な困難が重なりあって、かなりのリアルさ。同じように旅をしたことのある人ならそれがわかるのではないでしょうか。
DAILYMOTION (2016年1月18日) 
カタルシスが弱いというか、いわゆるアドベンチャーのようなドラマチックさはない。それも当然で、なぜならこの映画が描くのは人生のいわば車に給油する過程みたいなものだから。走っていくのはこれからなのだ。映像、構成、脚本、どれも素晴らしいが特に主演のリース・ウィザスプーンは圧巻で、彼女はもっと評価されていくべきだと思う。自身を振り返るいいきっかけになる映画であり、迷っている人にこそ見てほしい映画ではないだろうか。