危険な関係

動画『危険な関係』を無料視聴

原題:Dangerous Liaisons
製作:中国・韓国(2012年)
日本公開日:2014年1月10日
上映時間:110分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
これまでに何度も映像化されてきたコデルロス・ド・ラクロによる18世紀フランスの名作小説「危険な関係」を、「八月のクリスマス」「四月の雪」で知られる韓国の名匠ホ・ジノのメガホンで映画化。舞台を東西の文化が混ざり合う1931年の上海に置き換え、チャン・ツィイー、チャン・ドンゴン、セシリア・チャンというアジア圏のスターが共演した。莫大な資産を持つ富裕層がパーティに明け暮れ、享楽的な生活を送っている上海。自分を捨てた男が年端もいかない少女と婚約したのが許せないジユは、愛人になることを条件にその少女を寝取ってほしいと、プレイボーイのイーファンに持ちかける。しかし、イーファンが目をつけていたのは、亡き夫の遺志を継ぎ奉仕活動を行うフェンユー。自分の計画を譲れないジユは、イーファンに更なる条件を突きつける。

★【スタッフ】
監督:ホ・ジノ(関連作品:『きみに微笑む雨』)
脚本:ゲリン・ヤン
撮影:キム・ビョンソ

★【キャスト】
チャン・ツィイー(ドゥ・フェンユー)、チャン・ドンゴン(シエ・イーファン)、セシリア・チャン(モー・ジユ)、リサ・ルー(ドゥ・ルイシュエ婦人)、ショーン・ドウ(ダイ・ウェンジョウ)、キャンディ・ワン

【無料動画】

映画『危険な関係』予告編

映画『危険な関係』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2014年2月2日) 
女優を裸にせずにここまでエロティシズムを撒き散らせる事に成功した映画もないように思うし、2人の女優たちのキャラクターを存分に使い尽くし、計算され尽くしたその脚本、演出はとても素晴らしいモノだった。2人の女優のゲームからリアルへの昇華を計算され尽くした脚本とカメラで捕らえたこの映画の奥行きは相当深い。ここまで配役の妙を覚えた映画もまた初めてかもしれない。恋愛に自信がある人は、プライド持ちすぎなのか。美男美女の競演でおもしろかったです。
名無しさん(2014年2月5日) 
とにかく人間という生き物の美しさがこれでもかと発揮されている素晴らしい映画でした。チャン・ドンゴン、セシリア・チャン、チャン・ツィイーのキャスティングに、1931年の上海の社交界、美男美女の賭け。何とも魅力的な設定が贅沢な体験を約束してくれる。ラストの男の末路と女たちの涙。終わり方には賛否両論あるかもしれませんが、個人的には割と気に入っている。ただ、感じたことは、寄れば去り、去れば寄るという男と女の駆け引きが招く悲しい末路。それぞれがもう少しだけ素直であったなら、また違う結末があったかと思うと実に興味深かった。ここまで堪能できる映画はそうそうないでしょうし、ぜひ見ていない人はお試しあれ。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)