おやじ男優Z

動画『おやじ男優Z』を無料視聴

原題:おやじ男優Z
製作:日本(2013年)
日本公開日:2014年10月25日
上映時間:100分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
ピンク映画界の巨匠・池島ゆたか監督が、冴えないオヤジAV男優3人組と売れっ子AV女優の奇妙な同居生活を描いたエロティックコメディ。原作は、「花と蛇」シリーズなどで知られる緊縛師の有末剛が同人誌に発表した小説「緊縛亭日常外伝 おやじ男優ズ」。スナック経営に失敗して借金を抱えた上に、妻子にも逃げられてしまい、どん底の毎日を送っていた52歳の豆田満男は、ひょんなことからAV男優の世界に足を踏みいれることに。AV男優の中でも最下層に位置する「汁男優」の仕事を与えられた豆田は、そこでベテラン汁男優の蜂谷や大前と出会い、一緒に暮らしはじめる。そんな彼らのもとに突然、人気AV女優ゆりあが現われ、自分も同居したいと言いだして…。

★【スタッフ】
監督:池島ゆたか
脚本:五代暁子
撮影:清水正二
音楽:大場一魅

★【キャスト】
なかみつせいじ、牧村耕次、竹本泰志、坂ノ上朝美、竹下かおり、星野ゆず、吉行由実

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon
▼DMM見放題chライト(2週間無料お試し)
ムフフな動画をひとりでじっくり邪魔されずにどうぞ!
▽今すぐ見る ⇒ リンク先のページへ
映画配信サービス比較 DMM

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2014年10月30日) 
ピンク映画の監督ということもあり、その演出もコミカルであり、オーバーであるという要素は、独特な文化さえ感じさせます。もっと自然な演技と押し殺すようなリアリティがあればと思うのは野暮なのでしょうね・・・しかし、中年男の悲哀はビシビシと痛いほど伝わりますというか、明日の自分そのもの様な気がして、哀しくほろ苦い気持ちに苛まれるのは、その境遇と紙一重の生活を営んでいるのだと…ヒロインの坂ノ上朝美の肉感溢れるプロポーションのおかげで、その悲哀が中和されているのだから、彼女の演技はこの際あまり意味を持たないモノでいいのではないでしょうか。
名無しさん(2014年10月30日) 
感動した。ドラキュラシーンのスモーク、ラスト前の雨シーンとかデジタル加工もありデジタル撮影+ほぼ同録音声でピンクと明らかに違う現実感。個人的にはAVとピンク映画は違うものと思ってる。この作品の女優男優陣もAVからデビューが多いけどピンク”映画”の演技に憧れてピンク側に来た人たちだと思ってる。若い俳優さんたちはこれからほかの監督さんの一般作やテレビ、舞台もやるかもしれない。パンフレットでも監督が書かれていたがピンク映画を作れば制作会社がピンク映画館でバンバンかけてくれる池島組作品。でも監督が一般作の映画としてやってみたかったことをこの作品でたくさん挑戦されているんだと思います。全国的に地道に売り込むのは本当に大変かもしれない。でももしこの作品を観られる機会がある人はぜひ見逃さないでもらいたい。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)