わたしは生きていける

第3次世界大戦が勃発した世界でも青春はある

原題:How I Live Now
製作:イギリス(2014年)
日本公開日:2014年8月30日
上映時間:101分
製作会社:Cowboy Films
配給:ブロードメディア・スタジオ
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 67%

「つぐない」「ハンナ」のシアーシャ・ローナンと「ラスト・キング・オブ・スコットランド」のケビン・マクドナルド監督がタッグを組んだ青春サバイバルドラマ。メグ・ローゾフの同名ベストセラーを原作に、終末世界で生きる少女の青春を色鮮やかに描いた。出生時に母親を亡くした少女デイジーは、まだ見ぬ3人の従兄弟とひと夏を過ごすため、単身イギリスへと渡る。複雑な家庭環境のせいで反抗的になっていた彼女は、純真な従兄弟たちとの交流のなかで明るさを取りもどしていき、やがて長兄エディと恋に落ちる。ところが、ロンドンで発生した核爆発テロをきっかけに、第3次世界大戦が勃発。戒厳令がしかれるなか、デイジーたちは軍に拘束されて離ればなれになってしまう。エディと再会するために軍の施設を脱出したデイジーは、荒れ果てた世界へと足を踏み出す。

★【スタッフ】
監督:ケビン・マクドナルド
脚本:ジェレミー・ブロック、ペネロープ・スキナー、トニー・グリゾーニ
撮影:フランツ・ラスティグ
音楽:ジョン・ホプキンス

★【キャスト】
シアーシャ・ローナン、トム・ホランド、ジョージ・マッケイ、ハーリー・バード、ダニー・マケボイ、アンナ・チャンセラ

【無料動画】

『わたしは生きていける』 予告編

『わたしは生きていける』 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月8日) 
突然ロンドンに落ちる核爆弾。そして始まる第三次世界大戦。その時どう生きる。終始重たくて、リアリティがあって辛かった。終始田舎の子供目線。帰ってこない親。ニュースで流れる緊急宣告。遠くで鳴り響く爆音。低予算ながら世界観がよく作り込まれていて、事の大きさにあまり気づかないあたりはリアル。ほとんど核心を写さずに進み、なぜ戦争が起きたのか、被害も不明。過去の歴史ではなく、未来の戦争を描いているからこそ予測不能で恐い。
OPENLOAD (2016年2月9日) 
ある意味、親に見捨てられた都会の女の子がイギリスの田舎でいとこたちと過ごすうちに愛を感じて心を開いていくという明るく陽の当たるような前半。そこから訳が分からないうちに戦争の残酷性に巻き込まれてサバイバルを強いられる後半。もちろん架空の戦争ではあるけれど、そこが暴力渦巻く戦地となってしまえば、なぜそうなったのかもよく分からないまま戦禍に巻き込まれていくことは意外と真に迫るリアルにありえるのかもしれない。
STREAMIN (2016年4月30日) 
幸せな光景を堪能していたのもつかの間、核爆弾による攻撃で第三次世界大戦が始まる。核兵器を開発する国が隣にある日本人には全く笑えない事態。それでも必死に生きる主人公の姿が目に焼き付く。主役を演じたシアーシャ・ローナン。個人的にはその儚げな印象によって子役時代からすっかりファンだが、今作でもいろいろな顔を見せて楽しませてくれた。トムホランド目当てで観た人でも楽しめるはず。ただ、結構辛いシーンもあります。