Pick Up NEWS!

 

映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)

動画『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』を無料視聴

映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)

原題:映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)
製作:日本(2013年)
日本公開日:2013年3月9日
上映時間:104分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 Eiga Doraemon: Nobita no Himitsu Dougu Hakubutsukan
(2013) on IMDb
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
すべてのひみつ道具が展示されている未来の博物館を舞台に、のび太たちが大冒険を繰り広げる劇場版アニメーション。ある日ドラえもんは、謎の男・怪盗DXによって首元の大切な鈴を盗まれてしまう。未来の「ひみつ道具博物館」に手がかりがあることを突きとめたドラえもんやのび太らは、鈴を取り戻すべく未来へと向かう。ところが、ひみつ道具博物館でも怪盗DXによって展示品が奪われる事件が相次いでいることがわかり…。

【スタッフ】
監督:寺本幸代
脚本:清水東
キャラクターデザイン:丸山宏一
音楽:沢田完

【キャスト(キャラクター)】
水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずか)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、千秋(ドラミ)、三瓶由布子(クルト・ハルトマン)、愛河里花子(ポポン)、堀江由衣(ジンジャー)

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2016年1月13日) star_5
ドラえもん映画は毎回評価がばらつきますが今作は良かったです。笑い、推理、感動を巧みに交え、伏線を上手く使った作りは見事の一言に尽きます。新しいひみつ道具だけでなく、既存のひみつ道具を使わせたりアレンジしたりさせているのも好印象でした。BGMから脚本にいたるまで、今までのドラえもん映画にはないタイプのエンターテイメント性があってフレッシュで面白かったです。ラストののび太の「靴の中に。なんてね」という場面は感動しました!やっぱりドラえもんはのび太との友情の場面でないとね!
夢心地さん(2016年1月18日) star_5
この「ひみつ道具博物館」は完全なる映画だけのオリジナルストーリー。ファンもいつも以上に心配の種が多くなる(こればっかりはいつもヤキモキしている気がするが)。結論は良かった。体感ではあるが、この作品からまた大長編は良作が戻ってきたように思える。そういった意味でもこれから何十年(もしかしたら永遠かも)続くドラえもん映画の中では無くてはならない鍵となる作品だと断言できるレベルではないか。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。