独裁者と小さな孫

動画『独裁者と小さな孫』を無料視聴

世界を震わせた衝撃の結末

原題:The President
製作:ジョージア・フランス・イギリス・ドイツ(2014年)
日本公開日:2015年12月12日
上映時間:119分
製作会社:20 Steps Productions
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 100%

【あらすじ】
クーデターで地位を追われた独裁者と幼い孫の逃亡の旅を描いたヒューマンドラマ。「カンダハール」などの巨匠モフセン・マフマルバフ監督が平和への想いや未来への希望を込めて撮りあげた。独裁政権が支配する国でクーデターが起きた。これまで国民から搾取した金で贅沢な暮らしを送り、政権維持のため多くの罪なき人々を処刑してきた老齢の独裁者は、幼い孫と共に逃亡生活を送ることに。羊飼いや旅芸人に変装して正体を隠しつつ海を目指す彼らは、その道中で驚くべき光景を目撃する。

【スタッフ】
監督:モフセン・マフマルバフ(関連作品:『微笑み絶やさず』)
脚本:モフセン・マフマルバフ、マルズィエ・メシュキニ
撮影:コンスタンチン=ミンディア・エサゼ
音楽:グジャ・ブルドゥリ、タジダール・ジュネイド

【キャスト】
ミシャ・ゴミアシュビリ、ダチ・オルウェラシュビリ、ラ・スキタシュビリ、グジャ・ブルデュリ

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月2日) star_5
架空の独裁国家の崩壊と彷徨う独裁者と孫の風刺的なロードムービー。すべてを失った人間が、苦しみ、統制の効かない世界で蹂躙を受ける人々の現実に触れ、絶望に心を壊す人間をだんだんと理解していく過程は、普通に生きている私達にも現実感の中で重ねて学ぶことが多い。想像を絶する心をえぐられる描写も続き、多くを考えさせられる。他人の人生を聞き、理解して自身を変えること、それを学べる、しっかりした教育的な作品でした。
映画FUN (2016年1月6日) star_5
この映画は何か心を動かすものがある。独裁者の末路で真っ先に思い浮かぶのは、ルーマニアのチャウシェスクの銃殺写真。なので、この映画のような穏やかクーデター劇などあり得ないし、明らかに綺麗事過ぎると冷ややかに観た気持ちもなくはない。でも繰り返される「復讐の連鎖では何もうまれない」という表現には大きな感銘を受ける。この監督が迫害を受けた側の人ということで、さらに説得力を増すし、伝えたいものは伝わったと思う。
SPACEMOV (2016年1月11日) star_5
最後まで泣いてしまった。逃走シーンは本当に緊迫感がはんぱない。何を言い出すかわからない子供を連れているからなおさら。ただの勧善懲悪、報復物語には見えないポイントがある。ニット帽、ヒゲのおじさんだ。大統領を見つけても、俺は殺しはしない、と言った人。自分は大統領の命令で拷問されているのにだ。負の連鎖を断ち切るこの勇気は並大抵ではない。東欧の元共産国家を連想させる、少し田舎臭い小国を舞台に、この訴えは切実だ。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。