高台家の人々(実写映画)

私の妄想が、しあわせにする?

「ごくせん」「デカワンコ」の森本梢子による人気ラブコメディ漫画を綾瀬はるか&斎藤工の共演で映画化。趣味と特技が妄想という地味で冴えないOL・木絵の勤める会社に、名家・高台家の長男・高台光正が転勤してきた。光正には、高台家に代々引き継がれている、人の心を読むテレパシー能力が備わっており、馬鹿馬鹿しくも楽しい妄想をする木絵と過ごす時間は、光正にとって癒しの時間となっていく。木絵の純粋な心に光正は次第に惹かれ、順調な関係を続ける木絵と光正だったが、木絵の前に「高台家」の存在が大きく立ちはだかる。

原題:高台家の人々 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年6月4日 / 上映時間:116分 / 製作会社:フジテレビジョン、東宝、集英社 / 配給:東宝

★【スタッフ】
監督:土方政人(関連作品:『映画 謎解きはディナーのあとで』)
脚本:金子ありさ
撮影:大石弘宜
音楽:菅野祐悟

★【キャスト(キャラクター)】
綾瀬はるか(平野木絵)、斎藤工(高台光正)、水原希子(高台茂子)、間宮祥太朗(高台和正)、大地真央(高台由布子)、市村正親(高台茂正Jr.)、シャーロット・ケイト・フォックス、大野拓朗、夏帆、坂口健太郎

【無料動画】

「高台家の人々」予告

「高台家の人々」予告

(C)2016 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)森本梢子/集英社


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【インタビュー】
綾瀬はるか「(お気に入りの妄想は)大正時代ですね。木絵が駆け落ち=「金色夜叉」みたいな想像をするんです。まるで時代劇みたいで、喋り方も、そうでがんす、みたいな(笑)」

★【雑学(トリビア)】
・「dTV」にて『高台家の人々』のタイトルで、映画の設定から30年前を描くスピンオフドラマが配信された。

★【感想・批評】

映画FUN (2016年7月5日) 
可もなく不可もなく、お茶の間で家族みんなで楽しめる映画。とくに難しいテーマもなければ、変な感動の押し売りもない。これぞシンプルなコメディ。綾瀬はるかにこういう役をさせたら、右に出るものはいないというか、基本こういうコメディエンヌの役割でのし上がってきたので、もはや女王級。今作もだいたいは綾瀬はるかのパワーで持っていっている。水原希子もちょっとイメージ違う役だけど個人的には好きです。女優陣の熱演に負けました。
SPACEMOV (2016年7月12日) 
周りの人の考えてることが全部聞こえてしまう斎藤工と妄想癖の綾瀬はるか。そんなありえないファンタジー演出な設定によるコミカルドラマでした。よくある展開というかそれほど驚きの意外性はなく、普通に楽しいラブコメ。前半の妄想シーンやツッコミは笑えるので楽しいし、なんとなく見る分には微笑ましい。後半はちょっとシリアスでしたが、そのへんもお約束。実際、恋人に心全部筒抜けだったら、人間関係成り立たないですけどね。