黒衣の刺客

動画『黒衣の刺客』を無料視聴

原題:聶影娘 The Assassin
製作:台湾・中国・香港・フランス(2015年)
日本公開日:2015年9月12日
上映時間:108分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
IMDb ??/10
Rotten Tomatoes 82%

第68回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門で監督賞を受賞。

★【あらすじ】
唐の時代の中国を舞台にしたホウ・シャオシェン監督の初となる武侠時代劇。誘拐された隱娘が13年の時を経て、両親のもとに戻ってきた。しかし、ようやく帰ってきた隱娘は、道姑(女性の道士)によって完全な暗殺者に育て上げられていた。隱娘の標的は、かつて彼女の許嫁でもあった暴君の田委安だった。暗殺の任務中に窮地に追い込まれる隱娘だったが、難破した遣唐使船の日本青年に助けられる。

★【スタッフ】
監督:ホウ・シャオシェン
脚本:チュー・ティエンウェン、ホウ・シャオシェン
撮影:リー・ピンビン
音楽:リン・チャン

★【キャスト】
スー・チー、チャン・チェン、妻夫木聡、忽那汐里

【無料動画】

映画「黒衣の刺客」予告編 ホウ・シャオシェン監督 妻夫木聡、忽那汐里が出演 #The Assassin #movie

映画「黒衣の刺客」予告編 ホウ・シャオシェン監督 妻夫木聡、忽那汐里が出演 #The Assassin #movie


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2015年10月3日) 
ストーリは一緒に育った強い思いを持寄せていた許婚と政治がらみでで破断した、内向的?で強い情熱を内に秘めるタイプの娘を親が危惧し、導師に預けたら、その導師が暗殺者をそだて政治をコントロールしようとする人で、暗殺者に育てられてしまった、という話さえ理解していれば、大筋楽しめると思います。背景は江戸時代の参勤交代の制度が無く、広大な土地を収めるので地方の反逆に中央政府が非常に警戒しているという背景です。テーマは余りにも深い悲しみを内に秘め生きてい人々なのではないかと思います。大飢餓、中国の文化大革命、天安門事件などを生き、一部の富裕層になれなかった監督と近い年齢の中国人と関係があるのでしょうか?アクション映画が大好きだけど、最近文芸系の方に寄ってきた人にはとても楽しめるのではないでしょうか?
名無しさん(2015年10月6日) 
とにかく映像美に溢れていました。唐代の皇帝と藩鎮の勢力争いを背景に、幼いころから刺客となるべく育てられた藩鎮支配者の娘のその後を描く。今や藩鎮となった許嫁を暗殺せよとの命令に従えない女暗殺者が、過去の因縁を手繰りながら、逆にいろんな人を救ってしまうという話。政治謀略の影に女の嫉妬があった、という話にもなっている。錯綜する物語の因果関係がうまくつかめない一因は、人物の呼び名が違うことにある。役職で呼ばれたり名前で呼ばれたりする人物の同一性確定に時間がかかる。しかし「本心」がわからない刺客を見事に映像化しているのは間違いない。風にそよぐ布または林立する樹木によって、見えたり見えなかったり。その刺客が師匠の元を去っていくラスト場面がすばらしい。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)