ディアトロフ・インシデント

動画『ディアトロフ・インシデント』を無料視聴

そこは地球上で最も近づいてはいけない場所

原題:The Dyatlov Pass Incident
製作:アメリカ・イギリス・ロシア(2012年)
日本公開日:2013年8月10日
上映時間:100分
製作会社:Aldamisa Entertainment
配給:「ディアトロフ・インシデント」上映委員会
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
「クリフハンガー」のレニー・ハーリン監督が再び雪山を舞台に選び、旧ソ連で実際に起こったディアトロフ峠事件を映画化したミステリーサスペンス。1959年、極寒のウラル山脈を越えようとしていた9人の登山グループが遭難し、遺体となって発見される。遺体には不可解な点が多数あり、原住民による他殺説もささやかれたが、周辺には登山隊以外がいた痕跡もない。謎が解明されないまま時は流れ、やがてソ連が崩壊。事件は次第に人々から忘れられていく。そんなある時、アメリカの学生5人が真相を確かめるため調査を開始し、事件現場となったディアトロフ峠へたどり着くが…。

★【スタッフ】
監督:レニー・ハーリン
脚本:ビクラム・ウィート
撮影:デニス・アラルコン=ラミレス
音楽:ユーリ・ポテイェンコ

★【キャスト】
ホリー・ゴス、マット・ストーキー、ルーク・オルブライト、ライアン・ホーリー、ジェンマ・アトキンソン

【動画】

『ディアトロフ・インシデント』予告編

『ディアトロフ・インシデント』予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月8日) star_5
1959年、実際に起きた「ディアトロフ峠事件」のドキュメンタリー映画を制作する大学生5人の話。事実に基づくと銘打ちながらもそこは映画。いわゆるフェイク要素を押し出す作品です。所謂「ハンディカム系」の映画で、基本的にこのタイプの映画は絵はチープになるものの、一発ネタ感覚で構えずに見るのがベターな作品。その鑑賞スタイルを理解していない人は手を出すべきではないです。カメラワークは終始疲れるので休み休みでお楽しみに。
OPENLOAD (2016年3月16日) star_5
旧ソ連で実際に起こったディアトロフ峠事件を元にしたPOVオカルトスリラー。実話をベースにしている部分がマニアックで良かった。陰謀論の映画が好きだし、さらにPOVの映画も好みなのでかなり楽しめた。中盤までの伏線は綺麗に回収されるのでストーリーもしっかりしていたと思う。謎の施設の中にある様々な機密文書を漁るシーンが陰謀論好きとしてはかなりツボ。陰謀論やオカルトが好きな人なら間違いなく楽しめる変わり種だろう。
STREAMIN (2016年3月19日) star_5
UMAとかUFOとかその手の話題が好きなコアな人向けの映画です。この事件はホントに謎に満ちている。TVのドキュメンタリーで何度かやってるのだけでも相当面白いのだが、謎の多すぎる未解決事件を扱うとその物語の結末が問われるので、題材としてはハードルが高いはず。ブレアウィッチ的な擬似ドキュメンタリー路線は途中までかなりいい。きっと監督は自主製作のマイナーな人と思ったら、なんとあのレニー・ハーリンだった。何してるの…。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)