ムービー43

動画『ムービー43』を無料視聴

誰もが呆れる究極のおバカ・ムービー

原題:Movie 43
製作:アメリカ(2012年)
日本公開日:2013年8月10日
上映時間:97分
製作会社:Virgin Produced
配給:アスミック・エース
製作費:600万ドル
興行収入:3200万ドル

★【評価】
Rotten Tomatoes 4%

★【あらすじ】
ヒュー・ジャックマン、ケイト・ウィンスレット、ナオミ・ワッツ、エマ・ストーン、リチャード・ギア、クロエ・モレッツほか豪華オールスターキャストが集いながらも、批評家、観客双方から酷評され、大コケしてしまったオムニバスコメディ。「メリーに首ったけ」「愛しのローズマリー」のピーター・ファレリー監督による「非常識でクレイジーなコメディを作る」という発案にのり、「ラッシュアワー」のブレット・ラトナー、「スーパー!」のジェームズ・ガン、女優のエリザベス・バンクスら12人の監督が、お下劣でおバカな要素が満載の短編をそれぞれ完成させた。

★【スタッフ】
監督:スティーブン・ブリル、ピーター・ファレリー、ウィル・グレアム、スティーブ・カー、グリフィン・ダン、ジェームズ・ダフィ、ジョナサン・バン・トレケン、エリザベス・バンクス、パトリック・フォースバーグ、ブレット・ラトナー、ラスティ・カンデッフ、ジェームズ・ガン

★【キャスト】
エリザベス・バンクス、クリステン・ベル、ハル・ベリー、レスリー・ビブ、ジェラルド・バトラー、ジョシュ・デュアメル、アンナ・ファリス、リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ヒュー・ジャックマン、ジョニー・ノックスビル、ジャスティン・ロング、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、リーブ・シュレイバー、ショーン・ウィリアム・スコット、エマ・ストーン、ジェイソン・サダイキス、ユマ・サーマン、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット

【動画】

映画『ムービー43』予告編

映画『ムービー43』予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年4月3日) star_5
無駄に豪華なキャストで贈るクソ映画が14本も! ハリウッド映画界の監督や俳優の皆さんはお疲れなのでしょうか。いや、絶対にそうですよ。じゃなかったら、こんな頭がオカシイことしないですから。ヒュー・ジャックマンはキンタマがこびりつくし、クロエ・グレース・モレッツは生理に悩むし、もう下ネタがスパークしすぎている。ファンは喜ぶ…のかな。あまりにも下品すぎるというか同じ様な下ネタばかりで、観客の精神力が試されます。
SPACEMOV (2016年4月4日) star_5
この映画にはラジー賞では物足りない。何か別のもっと酷い賞を用意してやらないと、他のラジー賞作品に失礼だと思う。それくらいの最低クラスを更新する歴代最悪作でした。でも決してメタメタに非難するつもりはありません。なぜなら作り手も狙っているのですし、監督も俳優もめちゃくちゃ楽しんでます。嫌だったら出演しないでしょうけど。ここまで真剣にアホなことを全力でするのは楽しいだろうなと、少し羨ましくなりました。
DAILYMOTION (2016年4月5日) star_5
ハリウッドのクリエイターとキャストがよくわからない本気を出して作ったであろう下ネタ&差別&不謹慎のオムニバスコメディ。どう考えてもゴールデンラズベリー賞を狙ってたとしか思えない100%のクソっぷり。凄いのはコメディ俳優だけでなく、豪華な硬派俳優さえもバカをやっていること。黒人をバカにして、障害者をバカにして、エゲつない下ネタをブチ込んでもジョークで許されるアメリカの文化は本当に凄い。このメリハリが強さの秘訣なのか。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)