スティーブ・ジョブズ(2015)

巧みな映像と脚本で偉人の素顔を描く

原題:Steve Jobs
製作:アメリカ(2015年)
日本公開日:2016年2月12日
上映時間:122分
製作会社:レジェンダリー・ピクチャーズ
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ、東宝東和
製作費:3000万ドル
興行収入:3370万ドル

★【評価】
85% Rotten Tomatoes
3.3 / 5.0 映画.com
3.29 / 5.00 Yahoo!映画
3.5 / 5.0 Filmarks

第73回ゴールデングローブ賞で最優秀助演女優賞、最優秀脚本賞を受賞。

★【あらすじ】
監督ダニー・ボイルが、アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブズの生き様を描いた伝記ドラマ。ジョブズ本人や家族、関係者へのインタビューを中心に執筆された伝記作家ウォルター・アイザックソンによるベストセラー「スティーブ・ジョブズ」をもとに、「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンが脚本を担当。1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMacというジョブズの人生の中で最も波乱に満ちていた時期に行なわれた3つの新作発表会にスポットを当て、人々を魅了した伝説のプレゼンテーションの舞台裏を通し、信念を貫き通そうとする姿や、卓越したビジネスセンスを浮かび上がらせていく。さらに娘リサとの確執と和解といったエピソードも盛り込み、ジョブズの素顔を浮き彫りにする。

★【スタッフ】
監督:ダニー・ボイル(関連作品:『127時間』、『スラムドッグ$ミリオネア』)
脚本:アーロン・ソーキン
撮影:アルウィン・カックラー
音楽:ダニエル・ペンバートン

★【キャスト】
マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・スタールバーグ、キャサリン・ウォーターストン

【無料動画】

映画『スティーブ・ジョブズ』

映画『スティーブ・ジョブズ』

©Universal Pictures


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。
町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩による映画評論。

●映画FUN (2017年5月10日) 
スティーブ・ジョブズという人間に特化している映画なのでアップル製品がどうやってできたかなどは描かれていないということは肝に銘じてく必要がある。そういうアップルができるまでみたいな作品は伝記映画としてすでにあるので、気になる人はそちらを視聴するといいだろう。この映画ではこのイカレタ人間の人間性が少しずつ変化していく過程を、実に巧みなシナリオで見せていく脚本構成こそが魅力。この無駄のないデザイン。まさにアップル。
●VUDU (2017年5月18日) 
3つの新作発表会の舞台裏に焦点を当てたことで、相当に絞られたエピソードが描かれる。彼の存在はITに詳しくない人でも知っている人ほど有名だが、実はそのクセの強いキャラクター性はあまり知られていない。それでもそのクレイジーさをあえてメインにせずに、フルスピードなトークで一気に勢いで押し通すあたりは非常に練られている。とくに行動やしぐさの変化に注目してほしい。最後の発表会、彼はどう変わったのだろうか。脚本のお手本だ。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)