ペルシャ猫を誰も知らない

動画『ペルシャ猫を誰も知らない』を無料視聴

ペルシャ猫を誰も知らない

原題:Kasi Az Gorbehayeh Irani Khabar Nadareh
製作:イラン(2009年)
日本公開日:2010年8月7日
上映時間:106分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%

第62回カンヌ国際映画祭のある視点部門で審査員特別賞を受賞。

【あらすじ】
「酔っぱらった馬の時間」「亀も空を飛ぶ」などで国際的に高い評価を受けたイランのバフマン・ゴバディ監督が、テヘランのアンダーグラウンド・ミュージック界を題材に、17日間に渡る無許可ゲリラ撮影を敢行して撮りあげた青春群像劇。西洋的な文化が厳しく規制されているイランで、当局の目をかいくぐってバンド活動に熱中する若者たちの姿をリアルに描く。

【スタッフ】
監督:バフマン・ゴバディ

【キャスト】
ネガル・シャガギ、アシュカン・クーシャンネジャード、ハメッド・ベーダード

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2010年10月10日) star_5
西洋文化は規制されるイランで、彼等は牛小屋や地下室などで当局の目を盗んでバンドの練習をしています。コンサートを開くのにも許可が要るのですが、伝統音楽以外は認められません。イランの音楽を初めて聞いたのですが、凄く面白いんです!ロック、ヘビメタ、ポップスが、イランの伝統音楽とミックスされてる。新鮮です。ただ純粋に熱く音楽を演奏したいだけの才能ある若い子達がこうして戦い続ければ、いつか壁が崩れる。そう、願いたいです。
名無しさん(2010年11月19日) star_5
映画を見れば明らかですが、イランではヨーロッパ的な色彩の強い音楽や映画等の表現にたいする当局の規制がかなり厳しいのが現状。それもこの映画のように政府の方針を批判するような映画であれば撮影許可がでないのは当たり前で、インタビューによればゴバディ監督は無許可で撮影を敢行したそうです。撮影が発覚し当局に拘束されればどれだけの処罰を受けるかわかりません。そんな状況でこの映画を撮り切り、世界中の映画館で公開されるところまでこぎ着けたこと自体に、日本やアメリカで作った映画では決して持ち得ないような大きな意義があると思います。拍手を送りたいです。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。