ジンジャーの朝 さよならわたしが愛した世界

サリー・ポッター監督が美しい映像で綴った快作

原題:Ginger & Rosa
製作:イギリス・デンマーク・カナダ・クロアチア(2012年)
日本公開日:2013年8月31日
上映時間:90分
製作会社:British Film Institute
配給:プレイタイム
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
「オルランド」「タンゴ・レッスン」「耳に残るは君の歌声」のサリー・ポッター監督が、冷戦時代に突入した1960年代の英ロンドンを舞台に、社会の変革を通じて成長していく思春期の少女の姿を描いた人間ドラマ。同じ病院の隣り合うベッドで生まれたジンジャーとローザは、幼なじみの親友として多くの時間を共有して育った。10代になった2人は、学校の授業をさぼっては宗教や政治、ファッションについて熱く語り合い、世間で核の脅威に対する反対運動が盛んになれば、2人の関心も反核運動へと向いていく。しかし、ローザがジンジャーの父親で思想家のローランドに恋心を抱いたことをきっかけに、2人の友情に溝が広がっていく。

★【スタッフ】
監督:サリー・ポッター
脚本:サリー・ポッター
撮影:ロビー・ライアン

★【キャスト】
エル・ファニング、アリス・イングラート、クリスティーナ・ヘンドリックス、アネット・ベニング、アレッサンドロ・ニボラ、ティモシー・スポール、オリバー・プラット、ジョディ・メイ

【無料動画】

映画『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』予告編

映画『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月8日) 
ジンジャーの詩が心に響く、本当に綺麗な映画だった。彼女の書いた言葉は一見単純な言葉の羅列だけど、大人になるともっと深い意味になるような言葉で、個人でいろんな解釈ができる深みがある。BGMがなんとも少なくて、ジンジャーの選曲したレコードが流れるくらいなのも、ジンジャーの心境を私たちがそれぞれ想像できて良い。ジンジャー役のエル・ファニングも、ローザ役のアリス・イングラードも美しくて魅力的だったのがまた嬉しい。
STREAMIN (2016年4月2日) 
いきなり広島の原爆のシーンから幕開け。そのシーンが実はこの物語にはかなり影響を与えてたりするとは、まさかの展開でした。ジンジャーの立場が可哀想すぎてみてられないし、ジンジャーが優しすぎてもう辛い。ラストの修羅場のシーンでジンジャーの思いが溢れ切って、真実を話すところは観てる側の心もスッキリした。エル・ファニングを気に入っている人の声を以前も聞いていたのですが、今作を見てなるほどこれかと納得。もうファンです。
DAILYMOTION (2016年4月28日) 
そんな期待とか前情報とかなく見たけど、エルファニグの演技に見入ってしまった。彼女の映画で1番好きかもしれないです。エルの心が静かに静かに、じわじわと削られていく、その様に心が苦しくなった。居場所を探し求めるけど、でもどうしても10代の少女の繊細な心が、人の感情の機微を感じ取ってしまう。詩作を逃げ場所にして必死で心を保つその姿は、高尚で文化的で素敵だなと感じた。最後の言葉と心がこぼれ落ちていくシーンは本当に圧巻。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)