蛇にピアス

吉高由里子が大胆なヌードを披露した過激作

原題:蛇にピアス
製作:日本(2008年)
日本公開日:2008年9月20日
上映時間:123分
製作会社:
配給:ギャガ
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
金原ひとみの芥川賞受賞作「蛇にピアス」を世界に知られる演出家・蜷川幸雄が映画化し、吉高由里子と高良健吾の体を張った演技が話題を呼んだ恋愛ドラマ。蛇のように舌先が割れた“スプリット・タン”を持ち、全身にピアスや刺青をした男アマと、アマの紹介で知り合った彫り師シバの2人の男と関係を持つようになった19歳のルイは、自らの舌にもピアスをあけ、背中に刺青を彫る。それでも満たされない何かを探し求めるルイだったが……。

★【スタッフ】
監督:蜷川幸雄
脚本:宮脇卓也、蜷川幸雄
撮影:藤石修

★【キャスト】
吉高由里子、高良健吾、ARATA、あびる優、ソニン、市川亀治郎、井手らっきょ、小栗旬、唐沢寿明

【無料動画】

蛇にピアス

蛇にピアス


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon
▼DMM見放題chライト(2週間無料お試し)
ムフフな動画をひとりでじっくり邪魔されずにどうぞ!
▽今すぐ見る ⇒ リンク先のページへ
映画配信サービス比較 DMM

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2010年1月10日) 
この作品に、私はエロスとタナトス、つまり生と死、それを繋ぐものとしての性を見ます。都会に暮らす者たちは、自然と切り離されているが故に、生の実感を感じることが出来ない。だからこそ、その実感を求めて、痛みや性や死を渇望する。本来の生は、死と隣り合わせにあるものだからである。そして、性を追求していくと、どうしても死への衝動が連鎖する。一見、空虚に見える若者たちの生き方だが、生の実感を手に取りたい衝動に駆られるのだ。
映画フリー (2010年1月14日) 
都会に住む皆さんの中にもないだろうか。わけのわからない本能的な欲求を。例えそれが傷つくことであっても気にならない。実際に顔ピアスをしている者を見ると荒んだオーラを感じて心が痛むけれど、女優・吉高由里子の瑞々しさが、一気に主題に向き合わせてくれる。誰でも良いから殺してみたかったという犯罪者と同一視している意見もあったが、私はこれは全く違うタイプのものだと思う。とにかく吉高由里子の演技力には脱帽するばかりでした。
BILIBILI (2011年2月19日) 
原作は金原ひとみによるデビュー作で、2003年の第27回すばる文学賞を経て、2004年には第130回芥川龍之介賞を綿矢りさ著「蹴りたい背中」と共に同時受賞している。オープニングでヒロインは渋谷という巨大都市に埋没しそうになる自己と空虚な場所で佇み誘われるがままの誘惑に入っていく。オープニングは生きている実感がほしいヒロインの心の叫びを描写している。これは、年代問わず我々もヒロインと同様で日常でそう感じていることだ。
PARAVI (2011年4月12日) 
吉高由里子の惜しげもなく裸体を披露する役者魂に感服。しかも、その人体が蹂躙されていく。刺青もピアスも痛いという現実を伴う。その現実こそ、唯一確認できる彼らの「生」である。しかし、それは表面的なことであると彼女も気付いておりセリフとしてわざわざ言わせている。ここに表された男女の奇妙な三角関係がどことなく不穏に見えるのは、自虐、暴力、セックス、殺人等に対する罪の意識が完全に欠損した人格障害に因るものだ。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)