JUKAI 樹海

富士山麓の青木ヶ原樹海を舞台にしたアメリカ製作ホラー

原題:The Forest
製作:アメリカ(2015年)
日本公開日:2016年11月5日
上映時間:94分
製作会社:AI-Film
配給:[MDGP]上映委員会
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 9%

富士山麓の青木ヶ原樹海を舞台にしたアメリカのホラー映画。森林を叫びながら走っている女性の夢を見たサラは、日本の警察から双子の妹ジェスが青木ヶ原で消息を絶ち、亡くなったかもしれないという報告を受ける。婚約者ピーターの忠告にもかかわらず日本へ旅立ったサラは、ジェスの勤務先の女子校を訪れ、生徒から樹海には幽霊がいると教えてもらう。ジェスが最後に消息を絶った場所の近くの旅館に泊まったサラは、オーストラリア人ジャーナリストのエイデンと出会い、ガイドのミチを紹介してもらい、いよいよジェスを探しに富士の樹海へと突入するのだが…。

★【スタッフ】
監督:ジェイソン・ザダ
脚本:ベン・ケタイ、サラ・コーンウェル、ニック・アントスカ
撮影:マティアス・トゥルールストルップ
音楽:ベアー・マクレアリー

★【キャスト】
ナタリー・ドーマー、テイラー・キニー、小澤征悦、ステファニー・ヴォクト、ユアン・マッケン、山下結穂、グェン・セトオー、タカコ・アカシ

【無料動画】

The Forest Exclusive Trailer (2015) | MTV

The Forest Exclusive Trailer (2015) | MTV

(C)2015 FOREST BEAR, LLC. ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年12月1日) 
日本の樹海をテーマとしたホラー映画で、日本人の誰しもが恐れるであろう樹海も外国人が作ったらこうなりますという感じ。というかまず樹海って海外でも有名だったんですね。全然嬉しくないけど。開始早々のタイトルバックから黄色のテープが印象的なフライングタイトルによるスタッフロールまで含め、要所要所で童謡「通りゃんせ」が使われていて、日本人としては「なんだこりゃ」という気分を味わいます。B級ホラーとしてはユニークな部類です。
SPACEMOV (2016年12月14日) 
樹海での撮影の殆どは青木ヶ原ではなく、セルビアのタラ国立公園内で敢行されたとのこと。どうりで日本の森っぽくないわけだ。本作がハリウッドデビューとなった小澤征悦が演じた「ミチ」。この役名は、ガイドを端的に示す「道」から命名されているらしい。このようにあちこちに日本ネタがあって、一応、日本への目配せもあるが、内容はジャパニーズホラーとアメリカホラーの掛け合わせた異物感が満載で、とりあえず変な映画を観た気分になる。
STREAMANGO (2016年12月18日) 
青木ヶ原樹海で行方不明になった妹を捜すべく来日した主人公が樹海の中で次々と恐怖の体験をするという、日本を舞台にしたホラーです。ぴちぴち動いてるエビのお寿司とか遺体安置所とかトンデモ日本描写が見られるので、そういうのが好きな私は手を叩いて喜べました。「ゴーストと幽霊は違う」なんて台詞があるものだから、きっと監督は日本へのこだわりがあるのでしょう。私は日本人ですがゴーストと幽霊の違いがわかりませんが…。