ウォールフラワー

動画『ウォールフラワー』を無料視聴

エマ・ワトソンが憧れの美少女を快演

原題:The Perks of Being a Wallflower
製作:アメリカ(2012年)
日本公開日:2013年11月22日
上映時間:103分
製作会社:Mr. Mudd
配給:ギャガ
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 The Perks of Being a Wallflower
(2012) on IMDb
85% Rotten Tomatoes – The Perks of Being a Wallflower

【あらすじ】
1999年にアメリカで出版され、「ライ麦畑でつかまえて」の再来とも言われたベストセラー青春小説を、原作者のスティーブン・チョボウスキーが自らのメガホンで映画化。小説家を志望する16歳の少年チャーリーは、高校入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられてしまう。誰からも話しかけられず、「壁の花(Wallflower)」のようにひっそりと息を潜めて毎日をやり過ごすことに注力していたチャーリーだったが、陽気なパトリックとその妹で美しく奔放なサムに出会い、生活が一変。初めて友情や恋を知るが、過去のある事件をきっかけに、3人の青春の日々は思わぬ方向へ転がり始める。

【スタッフ】
監督:スティーブン・チョボウスキー
脚本:スティーブン・チョボウスキー
撮影:アンドリュー・ダン
音楽:マイケル・ブルック

【キャスト(キャラクター)】
ローガン・ラーマン(チャーリー)、エマ・ワトソン(サム)、エズラ・ミラー(パトリック)、メイ・ホイットマン(メアリー・エリザベス)、ポール・ラッド(アンダーソン先生)、ジョニー・シモンズ、ケイト・ウォルシュ

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】
Miomio


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2016年1月20日) star_5
原作者自らが監督してガッツリ参加した変わったスタイルなせいか、他のベタな映画とは雰囲気が違って独特の空気感がユニーク。若者たちの姿もかなり眩しく、俳優陣も輝いていた。何かとメディアの注目度が高いエマ・ワトソンですが、この映画のようなちょっと異質な存在感を放つ役柄は似合っている気がする。彼女の少し日常に近いキラキラした姿を観たいなら、おすすめ。自らの青春のいちページを回想したくなります。
夢心地さん(2016年3月21日) star_5
スティーヴン・チョボスキー原作の小説「The Perks of Being a Wallflower」の映画化で、知っている人はこんな形の映像化は想定外だったのではないか。ジュブナイルの青春小説として刊行され、その映画化を原作者自らが指揮を執るという稀有なフィルム化も珍しいが、出来上がった作品はもっと不思議なものだった。視聴すればこの作品の光に触れることができるでしょう。男優と女優の出演俳優陣に惚れちゃいます。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。