ベラ bella

下ネタも口から出まくるぬいぐるみ(女の子)

原題:Meine allerschlimmste Freundin
製作:ドイツ(2015年)
日本公開日:2016年1月2日
上映時間:89分
製作会社:
配給:マクザム
製作費:
興行収入:

ドイツ版『テッド』とも称される、命を宿した女の子のぬいぐるみ・ベラが巻き起こす騒動を過激なブラックユーモアたっぷりに描く異色のロマンティックコメディ。結婚を目前に控えた幸せなカップルの前に、突如として現われた赤いおさげ髪の人形ベラ。可愛らしいルックスとは裏腹に毒舌で下ネタが大好きなベラは、酒やタバコ、時にはドラッグまでたしなむトラブルメーカーだった。そんなベラの存在がカップルの関係に波乱を巻き起こし、彼らは婚約解消の危機に陥ってしまう。

★【スタッフ】
監督:ジョッシュ・ブロエッカー
脚本:ミヒャエル・ケンダ
撮影:ゲルハルト・シアロ
音楽:シギ・ミューラー

★【キャスト】
ローラ・ベルリン、トム・ベック、ダニエル・ローズナー、プロシャット・マダニ、ヨヘン・ニッケル、ヨルク・ウィッテ、ジャン=リュック・ジュリアン

【無料動画】

ベラ bella

ベラ bella


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年2月10日) 
「テッド」の女の子の人形バージョンだと聞いてましたが結構違いましたね。下ネタもOKなのは似ているのですが、可愛げはまだテッドのほうがあるし、こちらは毒舌というか行動が常軌を逸しているのです。クレイジーです。トラブルメイカーであらゆる騒動を巻き起こしまくり、周囲を翻弄。まるで台風。ベラの嫉妬でハチャメチャになるカップルにいたっては、何故かラスト10分で怒濤の巻き返しが発生。どういう展開だよとツッコむレベル。
映画FUN (2016年2月12日) 
他のレビューでは面白くない、テッドのパクりだと散々に書かれていますが、この映画はテッドに比べるとやや正統派な映画なんじゃないでしょうか。現に、悪友の関係がカギとなるテッドたちと比べると、ベラたちは純粋に女子会でタラレバを言ってそうな人達で、ベラだけがオカシイ。これは明らかに意図があるはずです。ある種の思春期特有の暴走性を凝縮したアイコンとしての存在がベラなのではないかと解釈もできますし、想像すると面白いです。
SPACEMOV (2016年2月16日) 
ぬいぐるみがビッチな女の子。肉食系女子と書いてありますが、そんな次元ではありません。ただ勘違いしてはいけないのはこれは突き抜けたお馬鹿映画ではないということです。これは推察ですが、製作国のドイツでは女の子が過激なああいうことをすると映画でも規制が入るのでしょうか。だから人形にしたのかなとも思ったり。ブラックユーモアも入ったラブコメとして作品のクオリティもあるので、ギャグ映画だと思わないでください。
DAILYMOTION (2016年2月19日) 
「あのモフモフのクマに対抗?」という宣伝文句は良くも悪くも外れている。このベラはもはやあのクマなど相手にすらしていない。きっと八つ裂きに切り裂いて、中の綿を男のケツの穴にツッコむに違いない。ドイツに在住していた経験がある自分からすれば、実際のドイツの下ネタもこんなノリなので、これからドイツに留学する人は観ておくと良い。普通にガールズムービーになっていくテイストといい、ちゃんとしているのはさすがドイツ映画である。