DOPE ドープ!!

俺の進路は決まっている

原題:Dope
製作:アメリカ(2015年)
日本公開日:2016年7月30日
上映時間:103分
製作会社:Significant Productions
配給:ビーズインターナショナル
製作費:700万ドル
興行収入:1800万ドル

★【評価】
88% Rotten Tomatoes
3.6 / 5.0 映画.com
3.68 / 5.00 Yahoo!映画
3.7 / 5.0 Filmarks

★【あらすじ】
ロサンゼルスの犯罪多発地域を舞台に、1990年代ヒップホップカルチャーを愛するスラム街出身の少年が巻き起こす騒動を描いたコメディ。自身のバンドと90年代ヒップホップをこよなく愛するオタク高校生のマルコムは、恋するナキアを追いかけ、友人のディギー、ジブともにドラッグディーラー・ドムの誕生日パーティに参加するが、パーティの裏で行われていた取引に警察が突入し、ドムはドラックをマルコムのリュックに隠してしまう。そして、名門大学への進学を夢見ているマルコムと仲間たちを取り巻く状況は一変する。

★【スタッフ】
監督:リック・ファムイーワ
脚本:レイチェル・モリソン
撮影:レイチェル・モリソン
音楽:ジャーメイン・フランコ

★【キャスト】
シャメイク・ムーア、トニー・レボロリ、カーシー・クレモンズ、ゾーイ・クラビッツ、エイサップ・ロッキー、ブレイク・アンダーソン、シャネル・イマン、キンバリー・エリス、リック・フォックス、キース・スタンフィールド、ビンス・ステイプルス、ケイシー・ベジーズ、クインシー・ブラウン

【無料動画】

映画『DOPE(ドープ)』予告編(2015年公開):

映画『DOPE(ドープ)』予告編(2015年公開):

Dope (2015) Behind the Scenes

Dope (2015) Behind the Scenes

(C)2015 That’s Dope, LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年8月10日) 
最初はコメディタッチなのに終盤に向けて一気に突っ走りラストは文句なしに煽りマックスで最高。この映画でのオタクは日本人がよく使うオタクとは違う。つまり主人公は黒人コミュニティにおいての浮いた存在なのだ。明らかに周囲のブームとは違うことをしている。音楽性やファッション性が全く違う。だからバカにされていく。それでもそれが自分らしさだからそれをやめるつもりはない。そんな男が認められるための爆走ムービーなのだ。
SPACEMOV (2016年8月11日) 
日本人ではちょっと身近には感じられない世界観だと思います。でもこれはフィクションではなく、こういう世界が実際に存在するのです。危険な事件が日常的に隣り合わせにあって、マフィアギャングも普通にいる。主人公は「90s hiphop」オタクという設定で、日本人からしてみればカッコいいかもしれないが、当人はかなりつらい孤独感を感じている。オタクの共通点はこの寂しさだと思う。それが最後にはひとつの結果を生むのは感動だった。

★【おすすめの関連作】
・『ムーンライト
・『ストレイト・アウタ・コンプトン

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)