ビッグ・アイズ

絵をめぐる夫婦の争いをティム・バートンが映画化

「アリス・イン・ワンダーランド」「チャーリーとチョコレート工場」のティム・バートン監督が、1960年代アメリカのポップアート界で人気を博した「ビッグ・アイズ」シリーズをめぐり、実在の画家マーガレット&ウォルター・キーン夫妻の間に起こった出来事を描いたドラマ。悲しげで大きな目をした子どもを描いたウォルター・キーンの「ビッグ・アイズ」シリーズは、ハリウッド女優たちに至るまで幅広く愛され、世界中で大ブームになる。作者のウォルターも美術界の寵児として脚光を浴びるが、実はその絵はウォルターの妻マーガレットが描いていたものだった。絵は飛ぶように売れていくが、内気な性格のマーガレットは、自分の感情を表すことができる唯一の手段である「ビッグ・アイズ」を守るため、真実を公表することを決意する。

原題:Big Eyes / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2015年1月23日 / 上映時間:106分 / 製作会社:Electric City Entertainment / 配給:ギャガ

★【スタッフ】
監督:ティム・バートン
脚本:スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:ダニー・エルフマン

★【キャスト】
エイミー・アダムス、クリストフ・ワルツ、ダニー・ヒューストン、ジョン・ポリト、クリステン・リッター、ジェイソン・シュワルツマン、テレンス・スタンプ、アンドリュー・エアリー

【無料動画】

ティム・バートン監督最新作『ビッグ・アイズ』予告編

ティム・バートン監督最新作『ビッグ・アイズ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年2月15日) 
絵の才能はあったけど売り込む力がない内気な妻、絵の才能はないけど売り込む力がある強気な夫。この対照的な二人は普通に考えれば良いカップルに思えますが、夫が欲を出して利益を独り占めし始めると、そうも言ってられません。これでは妻はただの下働きの作業員に過ぎない。ということでバトルが勃発するわけです。洗脳に近いぐらい人を操るのに長けた外面の良い人がいる中で、それが夫となれば、これもひとつのDVなんじゃないかと思います。
OPENLOAD (2016年2月17日) 
ティムバートンでは珍しいリアルな現実のドラマです。ファンタジーな要素はありません。でも題材になった目の大きいキャラの絵はティムバートンが凄い好きそうですから、関連性はありまくりですけど。クリエイターにとって1番大切なこととは一体何なのかという答えは違うけど、少なくともそれを勝手に自分の手柄のようにされたらたまらないです。でも、きっと旦那のキャラクターがもっとバランスを保てる人だったら、違う結果になったのかな。
SPACEMOV (2016年2月19日) 
夫が描いたと主張する絵は実は妻が全て描いていた。いわゆるゴーストペインターのお話。日本のSNSにもたくさんいそうだ…。ウォルターが自分本位で嘘つきを連発し、金と名誉にしか興味ないような最低男すぎて見ながらイライラがたまる。でも、最後はスカッとするので大丈夫。クリストフ・ワルツはどうしてこういうクソ野郎を演じると上手いのでしょうか。殴りたくなる顔をしてくるのですよね。奥さんもよく頑張ったなと感じました。