映画 怪物くん

動画『映画 怪物くん』を無料視聴

原題:映画 怪物くん
製作:日本(2011年)
日本公開日:2011年11月26日
上映時間:103分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

藤子不二雄A原作の人気漫画を実写化し、2010年4月~6月に放送された同名ドラマを3D映画化。主演はドラマ版に続き人気アイドルグループ「嵐」の大野智。「チーム・バチスタの栄光」「ゴールデンスランバー」の中村義洋監督がメガホンを取る。国民から怪物ランドの王位継承を反対された怪物くんは、怒り心頭で怪物ランドを飛び出してしまう。日本へ向かったつもりが「カレーの王国」にたどり着いてしまった怪物くんらは、王国の権力者ヴィシャールから反乱軍にさらわれた姫と王子の救出を頼まれ…。

★【スタッフ】
監督:中村義洋
脚本:西田征史
撮影:小松高志
音楽:井筒昭雄

★【キャスト】
大野智、松岡昌宏、八嶋智人、川島海荷、上島竜兵、チェ・ホンマン、濱田龍臣

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年2月1日) 
この子ども向けとも思える映画は、大人こそ観るべき深いメッセージを秘めた怪作であることは気づきにくい。単純な勧善懲悪ではないし、わかりやすいエンタメでもない。差別される閉塞感、不条理さに対する反抗心、コンプレックス、妬みや恨み、そうした負の感情との付き合い方を学ぶものなのだ。それでも王族のような持つべき者としてに生まれた者は好き勝手わがまま放題しても許されるというギャップ。この世の中の冷たい現実を突きつける。ただの感情論では絶対に解決できない問題なのだ。しかし、映画はそこまで描かない。これは賛否あるだろう。
名無しさん(2016年2月8日) 
豪華俳優陣、3Dを駆使した遊園地的な飛び出す演出と、明らかに子ども向けにアレンジした一作で、ドラマ版よりも子ども受けを狙っている気がする。子どもや中学生なら楽しめる。一方でコアな映画ファンからは激しい批判も浴びた作品でもある。それもそのはずドラマ版よりもストーリーの辻褄は考えられておらず、「守る!」の一言で強引に幕を閉じてしまうから、話を真面目に見ようとすればするほど馬鹿を見る。ぜひその支離滅裂な展開を見てほしい。かなりの強引さで邦画の歴史に残るくらいの迷走っぷりだ。どうしてこうなったと疑問符が付くか、まあ、これが邦画の映画化マジックである。全部、怪物が悪い。