インサイド・ヘッド

動画『インサイド・ヘッド』を無料視聴

号泣間違いなし!ピクサーが贈る頭の中を描いた不思議な物語

原題:Inside Out
製作:アメリカ(2015年)
日本公開日:2015年7月18日
上映時間:94分
製作会社:Pixar Animation Studios
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
製作費:1億7500万ドル
興行収入:8億5700万ドル

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 98%

第73回ゴールデングローブ賞でアニメ映画賞を受賞。

【あらすじ】
人間が抱く「感情」を主人公に描いたピクサー・アニメーションの長編作品。ミネソタの田舎町で明るく幸せに育った少女ライリーは、父親の仕事の都合で都会のサンフランシスコに引っ越してくる。新しい生活に慣れようとするライリーを幸せにしようと、彼女の頭の中の司令部では「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」の5つの感情が奮闘していた。しかし、ある時、カナシミがライリーの大切な思い出を悲しい思い出に変えてしまう。慌てて思い出を元通りにしようとしたヨロコビだったが、誤ってカナシミと一緒に司令部の外に放りだされてしまう。ヨロコビは急いで司令部に戻ろうと、ライリーの頭の中を駆けめぐるのだが…。

【スタッフ】
監督:ピート・ドクター
脚本:ピート・ドクター、メグ・レフォーブ、ジョシュ・クーリー
音楽:マイケル・ジアッキノ

【キャスト】
エイミー・ポーラー、フィリス・スミス、ルイス・ブラック、ミンディ・カリング、ビル・ヘイダー、リチャード・カインド、ケイトリン・ディアス、カイル・マクラクラン、ダイアン・レイン、ジョシュ・クーリー、ジョン・ラッツェンバーガー

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画フリー (2016年1月7日) star_5
感情がキャラクターとして形づくられているのが面白い。頭の中をこうも面白みのある世界で作り上げるとはさすがピクサーのなせる素晴らしいクリエイティブ。夢の製作所や、記憶の消えて行く様子など頭の中の細かい描写を作り込んでいるのが好き。これはライリーが少し成長するまでの物語で、多感になったがゆえに様々な感情が混ざった思い出の玉が出来上がったのだろう。まさに子供の成長のステージを巧みに映像化した秀逸な作品だった。
STREAMIN (2016年1月9日) star_5
さすがピクサー、独創的な発想が面白い。ストーリーはさておき、感情と記憶と性格があのイメージで結び付いているっていう世界観が良かった。序盤で独自の世界観設定を非常にわかりやすい手際で見せていき、本来は複雑な感情の動きを必要最小限の要素で物語に変える。本作を観てこんな感情は単純じゃないという人がいるが、そんなこと作り手もわかっている。それをここまでシンプルにしてエンタメに成立させているのが凄いのである。
ANITUBE (2016年1月26日) star_5
脳内の感情をこうやってキャラクター化するというアイディアはこの映画が初ではない。実は大昔にディズニーが似たような設定の短編アニメを作ったりしている。他にも類似の作品はいくつもある。でも、ここまでのクオリティで完成された物語を生み出した前例はない。だからこそこの映画が脚本賞にノミネートされたりするわけだ。子ども目線に見えて実は大人に突き刺さる話になっているのは少し「トイ・ストーリー」っぽいなと思う。