探偵はBARにいる(1作目)

大泉洋主演、北海道なら俺にまかせろ

原題:探偵はBARにいる
製作:日本(2011年)
日本公開日:2011年9月10日
上映時間:125分
製作会社:「探偵はBARにいる」製作委員会
配給:東映
製作費:
興行収入:
次作:『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

★【あらすじ】
作家・東直己のデビュー作「探偵はバーにいる」を1作目とする「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。札幌の歓楽街ススキノで活躍する探偵のもとに、コンドウキョウコと名乗るナゾの女から「ある男に会い、彼にひとつ質問してほしい」という依頼が舞い込む。簡単な依頼のはずが、探偵はその直後に命を狙われ、不可解な事件に巻き込まれていく。

★【スタッフ】
監督:橋本一(関連作品:『茶々 天涯の貴妃』)
脚本:古沢良太、須藤泰司
撮影:田中一成
音楽:池頼広

★【キャスト(キャラクター)】
大泉洋(俺)、松田龍平(高田)、小雪(沙織)、西田敏行(霧島敏夫)、マギー(源ちゃん)、田口トモロヲ(松尾)、波岡一喜(佐山)、有薗芳記(田口幸平)、安藤玉恵(峰子)、新谷真弓(スナック元従業員)

【無料動画】

映画『探偵はBARにいる』予告編

映画『探偵はBARにいる』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画フリー (2012年1月13日) 
シリーズ初回にしてバットエンドかつ中々むごい描写が多く、そういった部分が味となって大好きになれる。そのむごさを軽やかに中和する大泉洋のポップかつハードボイルドな演技、相棒の松田龍平も最高。ダルさがいい。「たった一人の友達なくしたくねぇよ」は名言。互いの奥歯と鎖骨で笑い合うシーンは名シーン。最後はさおりも探偵もお互いのことはわかっていたのにあえて最後まで依頼者と探偵の立場を崩さない大人なやりとりだった。
●OPENLOAD (2012年1月17日) 
いかにも映画の中で探偵が乗りそうな古い車が登場してエンジンが始動せずに煙を出すとか演出もわざとらしくて大袈裟だったりで、まるで80年代の作品のような古臭さを感じた。物語も最初はよくあるありふれたもののように見えた。突然携帯を取りに戻って重要な場面で西田敏行が一人きりになるとか、あちこちに設定された前振りが、小雪がいかに裏があって怪しいかを示していて展開も単純そうだった。それでもその王道さがクセになる一作でした。
●VIDEOEYNY (2012年1月21日) 
内容はリアルは脇に置いて、徹底的にある種のフォーマットに沿ったレール・ストーリーを展開していくという流れ。後半になって小雪の話がたくさん出てくると、銃の確保や取扱い方の練習はどうしたといった現実性はともかくとして、展開がコロコロとコミカルに変わっていくので目で見て楽しい。サスペンスストーリーも実は良く出来ている。王道と言えば言えなくもないが、最後まで楽しく観ることができた。大泉洋ファンはもちろん10回は見よう。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)