シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

シュールでオカシイ、吸血鬼の日常

原題:What We Do in the Shadows
製作:ニュージーランド(2014年)
日本公開日:2015年1月24日
上映時間:85分
製作会社:Resnick Interactive Development
配給:松竹メディア事業部
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 96%

★【あらすじ】
現代社会で共同生活を送るバンパイアたちの楽しい日常を、俳優たちの即興演技とモキュメンタリー形式を取り入れて描いたニュージーランド製ホラーコメディ。ニュージーランドの首都ウェリントンで一緒に暮らすバンパイアのビアゴ、ディーコン、ブラド、ピーターは、毎晩のように歌い踊ったり行きつけのパブで遊んだりと楽しい毎日を過ごしていた。ある日、ピーターが人間の大学生ニックにうっかり噛みついてバンパイアに変えてしまう。しかもニックが人間の親友スチューをシェアハウスに連れてきたことから、大騒動が巻き起こる。

★【スタッフ】
監督:タイカ・ワイティティ、ジェマイン・クレメント
脚本:タイカ・ワイティティ、ジェマイン・クレメント
撮影:リチャード・ブラック、D・J・スティップセン
音楽:プラン9

★【キャスト】
タイカ・ワイティティ、ジェマイン・クレメント、ジョナサン・ブロー、コリ・ゴンザレス=マクエル

【無料動画】

映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』予告編

映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月3日) 
ヴァンパイアの共同生活を取材陣が突撃するというドキュメンタリー形式で描いたコメディ。面白いのはヴァンパイアだけでなく、狼男や他の異形の者たちも登場していて、彼らが現実社会でユニークにも生きている姿が印象的。彼らなりの苦労が見えてきて、頑張っているんだなと応援したくなる。でも、やっぱり食事はテンションあがっていくのか、意味もなく追いかけまわす光景はアホでしかない。一体、こいつの大人としての成熟はあるのか。
OPENLOAD (2017年11月29日) 
さすがタイカ・ワイティティ監督、いちいち笑わせにきますね。この監督は『マイティ・ソー バトルロイヤル』の監督もしています。どちらにも共通する、徹底してふざけまくる精神がもうくだらなさすぎて。ヴァンパイアのテラスハウスを覗き見た感じなのだけど、ほんとうにただただバカ。ヴァンパイアって長生きしている割には全く生活力も聡明さもないのはなぜなのか。でも、こいつらを見ていると絶対に嫌いにはなれないから不思議です。
DAILYMOTION (2017年12月3日) 
ゆるゆるヴァンパイアモキュメンタリーホラーコメディ。かつて経験したのこのない、絶妙な映画が楽しめます。前半、ちょいグロや痛くて辛いシーンもあるので注意。でも、血がビュービューでますが、思いっきりギャグ演出なので、嫌な感じはしないです。それどころか、ソファが血で汚れるのを気にしていたり、マヌケな風景にしか見えないのが笑いどころに。終盤の意外なトラブル展開といい、まさかまさかのノリで観客を驚かしてくれます。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)