世界にひとつのプレイブック

米アカデミー賞の主演女優賞受賞作

原題:Silver Linings Playbook
製作:アメリカ(2012年)
日本公開日:2013年2月22日
上映時間:122分
製作会社:The Weinstein Company
配給:ギャガ
製作費:
興行収入:

★【評価】
92% Rotten Tomatoes

第85回アカデミー賞で主演女優賞を受賞。

それぞれに最愛の人を失い心に傷を負った男女が再生していく姿を、笑いや涙を交えて描いたヒューマンコメディ。監督は「ザ・ファイター」のデビッド・O・ラッセル。主演は「ハングオーバー!」のブラッドリー・クーパーと「ハンガー・ゲーム」のジェニファー・ローレンス。妻の浮気が原因で心のバランスを崩したパットは、仕事も家も失い、両親とともに実家暮らし。いつか妻とよりを戻そうと奮闘していたある日、事故で夫を亡くして心に傷を抱えた女性ティファニーに出会う。愛らしい容姿とは裏腹に、過激な発言と突飛な行動を繰り返すティファニーに振り回されるパットだったが…。

★【スタッフ】
監督:デビッド・O・ラッセル(関連作品:『ザ・ファイター』)
脚本:デビッド・O・ラッセル
撮影:マサノブ・タカヤナギ
音楽:ダニー・エルフマン

★【キャスト】
ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、クリス・タッカー、ジャッキー・ウィーバー、アヌパム・カー、シェー・ウィガム、ジュリア・スタイルズ、ポール・ハーマン、ダッシュ・マイホック、ジョン・オーティス

【無料動画】

映画『世界にひとつのプレイブック』予告編

映画『世界にひとつのプレイブック』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月10日) 
重く扱われがちの「心の病」。その人生において非常に深刻な問題からの脱出計画を、主人公2人と家族など周囲を巻き込んでのドタバタコメディにする事で明るく受け止められるようにアレンジしている。これは決して矮小化ではなく、むしろ偏見的な見方を排除する効果がある。父親役のロバート・デ・ニーロを中心に、主人公たちのフォローに四苦八苦する家族や友人たちも、コメディ色が全面に出ないような演出・演技が徹底されている真面目な一作。
SPACEMOV (2016年1月11日) 
何よりも兎にも角にもジェニファー・ローレンスです。彼女は色白で当時20代前半なのに小悪魔的な妖しい魅力をプンプン放っていて、これを観たいくつもの観客をメロメロにさせていたのを今でも覚えています。彼女を知ってしまった日には、彼女が出演している過去作を調べる日々が始まるのです。ダンス練習シーンのキュートさはピカイチ。結構重いテーマだけど楽しく見れたのは、彼女のおかげであり、最高のひと時を過ごせたと思います。
STREAMANGO (2016年1月12日) 
最初は「ただのラブロマンス映画がなんでこんなに評価高いの?」という感じでしたが、実際には妻との破局から躁鬱病になってしまった男がダンスを通して立ち直るまでの話で、びっくり。前半は重たい空気が立ち込めますが、ラスト25分間くらいがとても素敵で最高! ジェニファーローレンスが本当にセクシーだな~。英米のノーベル賞受賞作家の作品が小道具に使われていて、脚本家の密かな読書傾向が伺えて、これも個人的には楽しいポイントです。