リアル・スティール

動画『リアル・スティール』を無料視聴

ロボット格闘技で高め合う父子の絆

原題:Real Steel
製作:アメリカ(2011年)
日本公開日:2011年12月9日
上映時間:127分
製作会社:Touchstone Pictures
配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
製作費:1億1000万ドル
興行収入:2億9900万ドル

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 60%

【あらすじ】
ヒュー・ジャックマン主演、「ナイトミュージアム」のショーン・レビ監督で、ロボット格闘技を通じて父子が絆を取り戻していく姿を描く。2020年、リモコンで遠隔操作されたロボット同士が戦う“ロボット格闘技”が大流行。プロボクサーからロボット格闘技の世界に身を転じたチャーリーは、スクラップ寸前のロボットを闇試合に出場させて一攫千金を夢見ていた。そんなある日、離婚のため離れて暮らしていた11歳の息子マックスを預かることになり、慣れない父子の共同生活が始まるが、廃工場で旧式ロボット「ATOM」を発見したことから2人の運命が大きく変わっていく。

【スタッフ】
監督:ショーン・レビ(関連作品:『デート&ナイト』)
脚本:ジョン・ゲイティンズ
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:ダニー・エルフマン

【キャスト】
ヒュー・ジャックマン、エバンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、アンソニー・マッキー、ケビン・デュランド、ホープ・デイヴィス、ジェームズ・レブホーン、カール・ユーン、オルガ・フォンダ、ジョン・ゲイティンズ

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る】

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月12日) star_5
親子愛、ロボットアクション、ボクシング…燃えない要素がどこにもない、フルコースを用意された非常に胸熱な作品。色々やって詰め込みまくってもちゃんとボクシング映画の範疇を全く超えていないのが素晴らしい。SF要素もあるから、ロッキーオマージュをしても全然クドくない。まさに「ザ・アメリカ」の映画で、テンション上がってしまいました。日本絡みが沢山あったので、日本人にはちょこちょこ「おっ」となるシーンもあります。
OPENLOAD (2016年3月10日) star_5
簡単に言うと、ロボットがボクシングする映画です。人間がボクシングをしろよと思ったのですが、これが予想外に楽しい。目の前で闘いが起こっているような、私も観客の一部のような感覚になります。初めて映画を観て興奮して立ち上がって声を出しそうになりました。もうこれぞまさにエキサイティングって感じです。観客と一緒に拍手して、一緒に応援したくなります。20体以上あるロボット全部、造ったそうで、私も一体欲しいな…。
SPACEMOV (2016年4月8日) star_5
次世代型ロボットボクシングを通して父子の絆を描いた物語です。まさかの号泣でした。現実世界においてヒュー・ジャックマンは家族愛や子煩悩で有名なのに、映画では何故か不器用な父親役になる事が多いのですが、作中ではいつも好演してくれる安心のクオリティ。あとはロボットがカッコいい。人がいなくなった廃工場を連想するようなアンブッシュの錆びついたデザインの渋さ。謎の日本語さえも許してしまうくらい、惚れ込みました。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。